続安芸高田市の動画








 安芸高田市がなぜこうなったかはこの動画でかなりまとめられているのだが、まさか安倍さん絡みから来ているとは思わなかった。
 居眠り議員が居眠りを指摘されたり、無印良品が入るという画期的なものを議員が全員結託して潰すとかまあいろいろこれでもかといろいろあるのだが。
 思うところは幾つかあったのでまとめておきたい。


 ・一つ目だが、でもこの議員の人たちだって最初当選した時にはいろいろな信念があり、いろいろ燃えてやってきていたのではないのかなあと思った。しかし先輩議員がおり、まあこういうもんよと痛い目に遭いつつ諭されつつやっていくうちに自分も上になっていき、そしてこういうもんよとやってきていたらまさかの市長に指摘されて大炎上するハメになる。確かに腐敗もいいところだが、しかし先輩らは逃げきれていただろうし、なんなら選挙がらみで裏金もらってウハウハという例もあったりしたのではないかと思う。特にここは少し前にいろいろあったわけなので。それを合わせて可哀想だ、などというのはおかしいのだろうけど、少しだけ気の毒な気もした。そしてきっと何事もなければ最後に有終の美ということで花でも貰って引退コースだったのだろうけど。


 ・二つ目。
 もしも無印良品が入ってきていたら仕事場としてもそうだし、店が入ってくるほど注目されていることもそうだし、町に活気が戻るというワクワク感があったのだろうけど、ところが議会が全力でその話を潰すと。市民を幸せにするためにやっているはずの議員が、メンツを潰しやがったと腹いせに市長憎しで全力で潰す。異様な構図だが一体何のための議員なのか。そしてその議員らを再選させたのも市民であって、この複雑さというか、あるいは選挙と民主主義の腐敗と形骸化というべきなのか。これはもうなんとも言えないものだけど、でもこういうものを「要素」としてみたらどこの市町村も無縁じゃないんだろうなと思った。


 そういうわけで、次々と安芸高田市の上がっている動画を見ていくうちに行ったこともないのになんか妙に感情移入してしまっているのだが(笑)、でもこういう市長がいて次々と切り込んでいっている。この市は幸せだなと本当につくづく思った。それになんか最近目線が低くなってたというか、すごいやつを探すよりすごくないやつを探しては安心感を得ようとしていたような、教師より反面教師を探していたような節があったのだが、この市長を見ていると妙に背筋をシャンとしなければならないかのような気持ちになる。そういうわけで個人的にもこういう人をこうして追えるというのは大変に有意義なことだと思ったという。







この記事へのコメント

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ
にほんブログ村