自律的ということ






 今日なんとなくYoutubeでいつか話題だったFXのトルコリラの話を思い出した。FXやったことないしやってないし今後も関わらないとは思うが、思い出して簡潔に言うならば誰一人生き残らなかった相場だったと。トルコリラで荒稼ぎしていた有名人も多数その後音信不通になったので、みんな電車に飛び込んだんじゃないかと噂されたという(それにしてもこの界隈なぜ電車に飛び込むのが定例化しているのかわからないが、よく聞く謎のあれにはすべてがすべてじゃないにしろこの背景が少なからず関わっているようである)。
 関わってないし経験ない以上あまり偉そうには語れるものではないが、それはきっととてつもない大儲けと裏腹に生きるか死ぬかという一線があり、百戦錬磨の強者たちもとうぜんそこらへんを経験から見切っていたのだろうが、ところがどっこい全滅したと。そういう話なのだろう。


 ・理想的な生き方がどういうものかなどということはそう簡単に物語れるような代物ではないのだろうが、少なくとも「オレは強運の持ち主だから100%勝てる!!!」などと妄信して全力で張り続けるような生き方というのはどう考えても理想的な生き方ではないだろう。仮にそこで勝ったにしろ次も同じ理由で張り、その次も同じ理由で張ることになる。10連勝くらいすれば1億稼げるかもしれないが、失敗すれば死ぬ可能性だって出てくるに違いない。
 だとすればこの生き方の問題点は何かって自分の運の良さに対する妄信もあるのだが、それ以上に問題なのはそもそもが「勝ったら脳汁ドッパドパ♪」というような勝つこと、そして勝つことによって大きく稼げることに関してあまりに節度がなさすぎることであって、つまりひどく感情的であり欲望に従った前のめりの生き方をしていることが問題だと言える。で、そういう生き方は理想的なのか?といえばそうではないに決まっているのにも関わらず、気付いてみるとそういう生き方をしているということが意外と少なくないということが問題なのであって。
 それは別に金に対する執着だけの問題ではないだろう。
 「金が欲しいから」という欲望に従って感情の赴くままに生きるのと、単純に「人助けがしたいから」といって後先考えずに人助けをしたがる愚かな正義感と、その結果起きた事態憎し裏切られた許せんと憎しみに引きずられて幽鬼のようになって生きるのと、この三者に果たして違いはあるのか?ということである。はっきり言えばこれらに違いはない。ただ欲望に引きずられている、あるいは感情に引きずられていたい、その方がラクだと事態に身を任せているだけ。他律的であって自律的ではない。自律的ではないからこそ事態や他人を恨む結果になるのも変わりない。
 ああ、あの時儲けた瞬間に利確していれば、ああ大金を手にできたに違いないのに。こう言っては延々恨めしく過去を振り返るのみだが、それは結局パチンコですった直後と何も変わりがない。ただ額が大きくなったか小さいままかの違いでしかない。


 そういうわけでこの話の結論は簡単で、己を厳しく律せよということである。
 常に自律的であれ、他律的になることなかれ。
 バカな事態に巻き込まれたからといって自分までバカになることはないし、バカな事態に巻き込まれたからといっていつまでもバカなままでいていいわけでもないのである。 






この記事へのコメント

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ
にほんブログ村