続Flexcileについて






 昨日のを編集してそのまま行こうかと思ったが、まあいろいろ発見もあったので分けて改めて書くことに。


 ・容量圧迫問題について。なぜか異様に要領が圧迫され始めたということで改めていろいろ調べてみた。
 ipad→GoogleDrive→androidとファイルを送るのと、その逆を行くのを検証してみたという。
 ipad上で作ったPDFファイルのノート、30枚で20MBだったものがGoogleDrive上では100MBとなり、そしてandroid上ではなんと190MBに膨れ上がっていることが確認されて、大したことがないと思っていたものがここまでくるとけっこう大問題。なんとノート10個で1.9GBになり、100個もあれば19GBになってしまうことになる。まあとはいえGoogleDrive上からandroidに移さなければ済む話であり、これならノート100個分で10GBで済むことになる。とはいえこれはけっこう深刻である。融通が利いていろいろ行き来させやすいとか小分けにしやすいといった点が利点だったはずのものが、なかなかそれができないとなると。

 ちなみにその逆は87MB→90MB→104MBであり、androidで作ったデータをipadに移す分には1.2倍程度で済みそうである。同じPDFファイルなのにこの現象がなぜ起こるのかは興味深いところだが、容量をなぜか異常に圧迫する現象があるということである。


 ・もう一つ、実はタッチペンを購入してipadをノートとして直接書き込もうと思っていたが。これが意外と難しくて文字がヘタクソになるのがけっこう困っていた。そういうわけでipad習字みたいなことをやったりして慣れたらなんとかなるか?と思いいろいろやっていたが。字がどうしても巨大になるのと見にくいのとかさばるのとでこれはもうムリだなと。まさかタッチペンがここまで使いにくいとは想定外だった。アップルペンシルとかクソ高いけどあれに手を出さなくて正解だった気がする。
 というかカーソルから文字入力できる仕組みないか?と思ったらちゃんとあった。
 「注釈機能」というやつである。
 「TT」みたいに書いてあるマークからできるのだが、そこからいきなり文字をキーボード上から入力可能になる機能がある。この機能はもう非常に画期的で、紙面は圧迫しないし文字は小さいのに読みやすいしと非常に優れている。ということはタッチペンを買うよりは、例えば専用のキーボードを用意するなりして打ち込むようにすればこの問題は解決するということでもある。フィルムもペーパーライクフィルムがいいか(紙みたいな書き心地らしい)とか考えていたが、まあ全く問題なしでしたということで。





この記事へのコメント

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ
にほんブログ村