ジェットウォッシャーとワザの話






 最近また虫歯ができてしまった。とはいえ、めちゃめちゃ念入りに歯磨きをしているので今回はもはや言い訳の仕様がなかったのだけど、歯磨きもジェットウォッシャーの導入後と導入前とでは全然違うはず。なのに虫歯になるってのはどういうことだ?というかそもそもジェットウォッシャーに意味はあるのか??
 と思って一応いろいろ改めて調べてみたのだが、確かにジェットウォッシャーによって虫歯がまったくなくなったという人は一応ちらほら見受けられたのだ。
 となると原因は一つで、使い方が悪いってことになる。


 しかし使い方ったってそんなうじゃうじゃバリエーションがあるわけでもないだろうにと思いつつもいろいろ考えてみた。そうすると確かにいろいろ使い方は一応あった、そして確かに自分の歯を見てもものすごくきれいな場所は確かにあったのだ。じゃあ何がきれいな場所とそうでない場所、要するに虫歯とその他とを分けるのか。
 ここらへんについて考察してみると。


 ①ジェットウォッシャーを歯に普通に当てる
 要するにこれは歯の表面を洗い流すという感じ。恐らく標準的な使い方だし誰もがやってる。
 確かにこれによって歯の表面はかなりきれいになる。
 ②歯茎を狙って当てる
 これも標準的。特にポケットと言われる歯と歯茎の間などにあって歯ブラシで取り切れない食べかすを取るには非常にいいし、そのあまりの量に最初は誰もが感動する。そして血も出るのだけど、それを経て丈夫な歯茎になっていく。歯周病にも効くのだ。

 そして最近考えたのが、
 ③同じ場所に長時間しかもやや熱めの湯で当てる。特に歯間。
 恐らくこれはかなりいいはず。これが何かって、例えば油汚れとかを落とすときにはお湯で落とすなんてのがあるように、落とすのにある程度の温度が必要になる、もしくはそれが効率的に落とせるという場合があるはずと仮定している。ついでに、熱めであることで結構進行した虫歯の場合は見つけることも可能になる。
 そしてこれは狙う対象は普通歯であるということで、歯間という何もない場所をあまりやらないというのでけっこう盲点になりがちな場所でもある。何もない場所を敢えて狙うっていうのはどうも意外と難しいらしい。

 さらに
 ④そういう場所をできる限り至近距離で狙うということ。
 これも恐らく重要。遠くからやっていると強く当たっているように見えて実は表面だけを洗い流してはいるが奥までしっかりと水が通ってない場合というのがある。3センチ5センチくらい離れていると見た目は凄そうでも、実際には大した力がない場合がある。ならば、至近距離から狙うことでピンポイントでその場所を押し流すこともできるようになるはず。これは例えば顔面に洗面器で水をぶっかけると見た目はすごそうでも細部まではキレイにならない。
 ところが水鉄砲でピンポイントで狙うことを意識すれば、鼻の穴からでも喉の奥にまで水を入れられるようなものである。見た目のすごさと、特に細部での効果とは一致しないことがある。

 さらには③、④を踏まえて
 ⑤歯間を違った角度から狙うということ。
 これも恐らく重要。歯の間というのはどうしても凹凸があって下から狙うには良くても上から狙うとあまり当たらないとか、あるいは逆側からだといいけど云々というのがある。となると口の中側か外側か、下か中くらいか上からかなどと考えると、意外と数多くの場所があることに気づいた。これが歯と歯の間の数だけある。そうした歯間を、じゃあ一回分完全に丸々使って同じ場所のみをやるというのも意外と効果的で今まで知らなかった感覚で掃除ができることがわかったりしたのだった。


 ・まあここまで書いて明らかなのはジェットウォッシャーは確かに素晴らしいものだとは思うものの、まだまだ完全だとは言い難いってこと。こうしたワザだテクだと持ち出すとそれっぽく見えるけど、そういうものを考えることなくあっさりとキレイになるというのが一番なので、近い将来もっと小難しいこと何も考えないで済むような素晴らしいモノに生まれてきてもらいたいなと思った。





この記事へのコメント

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ
にほんブログ村