続・コーラは歯を溶かすという言説






 ところで前回コーラは歯を溶かすについて考えていた時に薄々感じていた違和感があったのだが、そもそも甘いものっていうのは本当に虫歯の原因なんだろうか。いやいや何言ってんだと。甘いものが歯に悪いなんて今や常識だし甘いものが歯に悪くないとかむしろ歯にいいなんて言ったら笑われますよと言われそうである。それに何より甘いものを食べてしばらく経つと歯の表面がなんだかドロッとしてきて気持ちが悪い。つまり、一般的な通念からいっても個人的な経験から言っても、甘いものはどうも歯に悪いらしい、ということになる。まあまして甘いものが歯にいいなどとはとても言えないわけで。


 しかし個人的に思うのは、確かに甘いものが虫歯に繋がる可能性は非常に高いとはいえ、例えば歯の全体がドロドロになったりしても歯磨きしたりして放っておけば自然と回復している。となると虫歯になる決定的・致命的な要因とはいえないだろうし、そもそもこうして回復しているというのは唾液に含まれるカルシウムなどの成分が自然と回復する話には繋がりはするだろうが、ガツンともう再起不能なまでに一気に虫歯までもっていくということはないのではないかということである。
 いや、それよりも何よりも、甘いものが決定的な要因になるのであればまんべんなく虫歯にならないとおかしい、あるいは最もよく接触する面が真っ先に虫歯にならなければおかしいのだが、個人的な経験でそういう場合をほとんど見たことがない。虫歯はかなり偏っており、ある特定の場所に固まりたがるかのようにできる。これがうまく説明できないと思った時に、ちょっと思ったことがある。ある特定の場所に溜まりやすいからで説明がつきそうでもあるが、これでかなりの部分が説明がつくとはいえ、それでもすべてを説明できるわけではない。なぜこんなにランダム性が関わってくるのかというのが一つの謎だった。


 コーラは確かに酸性であるとか砂糖が多いとかで歯の表面を傷つけるだろうが、しかし飲んで摂取しているわけだから当然食物としての影響はあるわけである。つまり外部的な要因と内部的な要因というものを考えた時に、外部的に歯の表面を傷つけて成分を流出させるということはあるだろうが、それとは別に内部的にダメージを与える可能性というものも考えられる。虫歯というのはむしろこの内部的要因によって作られるものではと考えるといろいろ辻褄が合うところはある。なぜあんなに虫が食ったように穴が開くかと言えば、外部的な要因はもちろんあるだろうが、内部的にも酸の影響などで穴が開きやすくなっており、内部と外部の共同作業として穴が開くのではということである。


 あるいはこうも考えられる。
 同じ「もの」を食べるにしても、牛乳などの健康に配慮したもの、カルシウムを多く含むものとコーラとでは当然身体への影響は異なってくる。コーラを取るということは当然プラスになる要素は少ない上に、マイナスになる要素は多数ある。一方牛乳を取れば身体にはいい影響があるだろう。
 人の身体が食べたものによって作り出されるとすれば、コーラは人の身体に決していい影響を及ぼさないし、プラスな影響を持つ要素が少ない。そういうものを食べるがゆえに虫歯になりやすくなるということは考えられるだろう。


 しかしもしもこの内部的要因が正しいとすれば、我々の身体はとっくに虫歯だらけになっているだろうし、そんなことになれば「ほとんど見たことがないのだが」、虫歯だらけの人が多くいても全く不思議がないという意味では現実と矛盾していやしないかと思われる。しかし個人的にはこれは恐らくかなり正しいのではないかと思っている。どういうことかといえば、コーラを好むような習慣で骨の強度において最高点が果たしてどこまで望めるかと言えば極めて怪しいわけで、少なくともプラスな要素はあまり望めないわけだから、虫歯になりやすいような骨の脆さというのを満たすには非常にいい状態ができているとは考えられる。つまり身体的に既に不健康な状態になっていると考えられる。そういう状態で虫歯ができるとすればそれは氷山の一角であり、たまたまひどい虫歯にはなっていないものの、いつ虫歯だらけになっても全く不思議がないという意味での、問題がただ今現在起きてないだけという準虫歯状態というのは意外と数多くあるのかもしれない。


 答えになっているのかなっていないのかあまりわからん内容だったが、まあ健康にいいものを食べましょうってことと、内部的外部的にも影響を出すコーラを売りにするコカ・コーラ社と歯科医連合の陰謀論だということでしめます。陰謀論って言っとけば結構それっぽく成り立つので陰謀論って便利だなと思いつつ(笑)






この記事へのコメント

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ
にほんブログ村