ホームランの優先順位について






 連日ホームランについて考えているところ。
 昨日の考え方だとホームランはいかにもダメと言いたげになってしまうが、実際はそうではないと。むしろホームランはいいアクセントになって、チームにもいい雰囲気をもたらすだろうし、何より確実に点を取れるというのは大きい。それが勢いになって逆転に繋がることもあるだろうし、決してホームラン事態が悪いわけではない。ただホームランだけを頼みにした運用が間違っているだけなのだ。


 ・結局何かと言えば偏っているのが悪いだけであって、それらがバランスよく配合されている……というより常にどのような状況にでも対応できるような対応力を備えているというべきか。そういう対応性というものを意識した場合に、例えばここは延長戦だから一点を確実にという時になって、いやオレの身上はホームランですからといってバントを頑なに拒絶するとか、そういうことがあるようではせっかくのチャンスでも勝ちに繋げることは難しいと。


 そうなると、基本的には多分三種類の方向性がある。
 ①ホームラン重視
 これが現実には悪いのは確かだが、しかし考え方としてこれがそれなりにまとまっているのは確か。説得力もあるわけだし、そういうチーム編成がなされた例があるということは、これの説得力はなかなかバカにならないということでもある。

 ②単打狙い
 つまり確実に塁に出ると。内野安打とかでコツコツと積み上げる方向性。そしてこれをバントでコツコツ押していくことで、相手へプレッシャーをかけられるだろうし、特に延長戦で一点で勝てる場合などは効果は絶大だと言えるだろう。ただ野球はともかく、考え方としてこれを構築していくことは非常に難しい。恐らくホームラン以上に難しい。ましてこれで勝つということを考えるとその難しさはホームラン以上だと言える。


 ③長打狙い
 ホームランは①で書いたのでホームラン以外の2ベースとか3ベースを狙っていく感じ。①と②の中間。①のホームランでは一発屋過ぎるし、そうやすやすと出てくれるものでもない。かといって②でいこうとすると確実性はあるが、目に見える効果としては決して大きくはない。そうなると②以上①未満という立ち位置でこれを考えることになるが、しかしこれが具体的にどのような形におさまるかについてはあまりよくまとまっていない。ただ考え方としてはあるだろうなというだけで。



 ・こうして①②③という方向性は示したわけだけど、具体的にどのような形になっていくのかについてはまだまだという感じ。ただ考え方としては私も①だったのだが ①では勝てる理由もあるけれど、しかし負けるだけの理由も同様に十分にあるということ。それは野球も同様で、せっかくのホームランであってもそれを輝かせるだけのものがなければ決して大きな効果とはならない。そしてそれができないようであれば、勝てなくても仕方がないとさえいえる。つまりホームラン重視が負けるのはバランスを欠いているからだし、それなりの下準備がそもそもないからであるし、その欠けているものがじゃあ何であって、どのようにその穴を埋めるのか。そういうことを予めそれなりに詰めて考えておかないと、つまり心の準備がそれなりにないと勝てるものも勝てなくなる。


 かといって②でいくと、負けにくいがかといって勝ちにくいというのも確か。コツコツとこれで勝っていくことで①のための穴を例えば埋める立ち位置で行くとか。そういう感じで①と②を織り交ぜつついくというのは重要。ドラクエで言えば魔法使いだけでは打たれ弱いし、僧侶だけでは火力がない。なら二人ともパーティに組み入れるか、となって初めて二人とも輝くような、そんな感じ。
 でもその形というのは③ではない。
 じゃあ③とは一体具体的に何になるんだろうなあと考えているところ。













この記事へのコメント

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ
にほんブログ村

パソコンランキング