作戦とその乱れの話






 先日も書いたが、バントをするという作戦は作戦としてはそれで成り立っているといえる。たとえ数学的には合理的でないとか、統計的には間違った選択だと言われようとも、それは外野の話でしょと言い返せるだけの力を持っているといえる。これは明らかに間違った選択としてのホームラン作戦にも言える。明らかに間違っていて結果は出せなかった、そして明らかに失敗であるがゆえに今後選ばない全打者ホームラン作戦だが、これが明らかに間違っていることが証明されているがゆえにこれはこれで正しいと言える。


 問題はこれをごちゃ混ぜにした場合は非常にまずいということだろう。一番が普通に打って一塁へ、二番はバント、ところが三番は指示をしらないからホームランを狙い始めるとか。あるいはホームラン作戦中に四番に打順が回ってきて、当然ホームランだろうと誰もが思っているところが、いや最近自分のマイブームはバントなんでと塁に誰もいないのにいきなりバントを始める。
 こういう流れを何と呼ぶかはわからない。人によっては「臨機応変」と呼ぶ場合もあるだろうし、「奇策を打った」などと呼ぶかもしれない。しかし基本的にここにあるのは混沌とか脈絡のなさ、方向性の欠如、そういったものになるだろう。実際私もそういった場面をほとんどいたことがないので何とも言えないのだが、そこに合理性がないのにやってしまうというのは高校野球とかプロでは普通やらないのではないだろうか。


 ・ここで言っているのはつまりやっていることや考えていることに首尾一貫したものを持つ、つまりは一貫性を持たせるということだし、それが破綻したら危ういということなのだが、我々はついいろいろと目がくらんで当初作成した作戦から逸れるということになりがちなのではないだろうか。
 一人が塁に出たら「いやもう一人出れたら一二塁でしょ。ここはバントじゃなくやっぱり振っていこう」とか。
 あるいはホームラン作戦でも「いや、ここは一人塁に出ているからバントだ」と四番に強いるとか。そこにあるものを臨機応変と呼ぶのはいかにもそれらしいが、基本的にはどのような結果であれ、それは作戦の破綻なのだということ。作戦がその決断によって破綻したのだが、それでも結果は何かしら出てくる。それがどのようなものであれ、作戦を破綻させたというその行いというのは後々まで尾を引く。そのマイナス点を考えずに臨機応変というものは本質的には成り立たないということが重要なのではないだろうか。


 まあ普通野球では見られないことではあるのだが。











この記事へのコメント

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ
にほんブログ村

パソコンランキング