いかに勝つかという話






 毎度野球ネタだが、今年の初めだったかに、バントがあまり役に立たないことが数学的に示されたとかいう記事があった。「統計学は最強」とかを引き合いに出さなくてもまあ数学的に役に立たないことが示されたってんだからもうバントは姿をみせなくなるか、と思いきやそんなことはない。むしろ試合を見ているとちょくちょくお目にかかることがある。じゃあなぜそんな風に証明されたバントをするか、普通に振った方がいいとわかっているバントをするかということだが、それはいろいろやる意義が大きいからに違いない。1塁に出た選手をバントで確実に2塁へ、3塁へと送っていく。その仕事をコツコツと確実に進めようとする。その意思表示とその相手への影響を考えると、やらないよりはやった方が余程相手へのダメージや精神的負担が大きいということではないだろうか。ちっ、と舌打ちでもしたくなるようないやな展開であり、その威やな仕事をコツコツとやってくる相手というのは相当嫌な相手であり、それは下手に打ってくる相手よりもいやなものだということをこれは示しているのではないだろうか。
 そういえばイチローもいきなりバントの構えを見せて、びっくりした投手が止まってしまったがおとがめなしになったとかいう動画がかつてあったものだったが。見ているだけだとわからないが、やられる側の気持ちとしては相当嫌だというものは多々あるに違いない。


 ・これとは全く逆の例としてあるのが、某チームがいつかやっていた「ホームラン選手だけを集めてみました」というチーム編成だろう。インパクトが強くて、あれどうなったんだろうかと先日ふと思い出して調べてみた。
 まあいいところだけを並べてみたらこのようになるだろう。
 選手全員が4番みたいなものだから、誰かがホームランを打てば点が入る。そうなれば当然勝ちやすい。それにホームランの旅に観客は湧き上がるのだから観客受けもいい。当然みんなこぞってドームへきたがる。そうなると収益も上がる……まあそういった感じで説明されたに違いないし、これだけ聞けば誰だってそんな全員ホームラン選手という夢のようなチームを期待するに違いない。
 ところが結果は悲惨なものだった。ホームラン以外力を注いでいないからお手本のようなトンネルをやってしまう始末だし、これではもう普通に勝つことさえ覚束なくなると。



 ・じゃあなぜこのようなことが起きたのかということだが。
 これを私の言葉で説明するなら、勝つための戦いと負けないための戦いは異なるということになる。勝つための戦いというものは負けるかも知れない犠牲をどこかで覚悟しなければならない、だからこそそう軽々しく使えるものではないということ。
 そしてもう一つ重要なのは、強さというのは小技の多さや意味の多さ、あるいは打線というものの意味、そういったものによって初めて支えられているのだということ。ホームラン一辺倒というのはいかにもよさそうであるが、そうした意味合いを全て捨てることも意味していると言えるのではなかっただろうか。逆に言えば、ホームランでさえもそうした多様な意味の一つとして持ちつつも多種多様な小技が使える、臨機応変に事態に対応していけるというのは強さだと言えるのではないだろうか。そしてそうした強さをついつい我々はホームラン万歳みたいないかにもなものの前に置かれるといかにも霞んで見えるが、しかしこれの強さというものの方がもっと脚光を浴びて然るべきものなんじゃないかと思ったわけだ。


 ・もう一個思いついたけど、まあ続きは明日で。









この記事へのコメント

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ
にほんブログ村