命運






 最近「命運」という言葉がよく脳裏を過ぎる。
 そういうことが最近増えた。


 ・先日も書いたが今川義元も武田信玄もその当時は第一級の戦力を持っており、織田家などは比較するほどの価値もなかった。ところがその信長の前で二人は破れた。
 徳川家康も三方ヶ原の戦いでは武田信玄の前に為すすべなく敗れた。しかしその後武田信玄は急死するし、徳川家康は天下の覇者となる。実力では織田家でさえ信玄には勝てなかっただろうものが、まして徳川などは言うまでもない。ところが信玄は急死するし、信長は本能寺の変で急死、結果的には徳川家康が天下を手にするのだから、何とも言えない。何かがあるとは思えるのだが、その何かが何かわからない。それを敢えて言葉にしようとすれば命運ということだろうか。
 秀吉も浅井朝倉に挟撃された際には殿を務めていたが、その任務をやり通した。死地に最も近いところにいた男が、関白になるのだから、これもまた何かがある。死んではおしまいだが、それでも死地に赴くことで秀吉は何か得るところがあったのだろうか。足利義輝は将軍を務めながら裏切りで死んでいるし、死ぬか生きるか、成功するか失敗するか、栄華を手にするか没落するかというのは紙一重のような気がする。まあそもそもこれらはそういう場にいて初めて言える話ではあるのだが。


 ・今日午後、急に歯が痛み始めた。それも尋常の痛みではない。頭が割れて中からモスラでも誕生するんじゃないかというような痛みであり、頭の中のその得体の知れない何かのおかげで歯医者に行くハメになった。これは不幸中の幸いで、もしも一日ズレて日曜日だったらと思うとけっこう本格的にもうどうしようもないレベルだったんじゃないかと後からでは思える。今回の痛さはもう死を覚悟するほどの痛みだった。今日か明日にでも痛みで死んでいても不思議ではないほどの痛みだった。今までは痛みが出てもリステリンに浸けるとか重曹でゆすぐとかを10分することで痛みが消えていた。だからこそなんとかなったし、今のオレには歯医者だとか歯の治療なんてしている暇はなかった。それよりはこもって勉強一筋。そういう感じだった。


 そういう痛みの中でも勉強はしようとしていたようだが、もう字が読めない。書くどころの話ではない。こんな痛みに耐えていては時間のムダだしさっさと行った方がいいと判断した。まあ遅すぎたわけだけど。


 ・歯医者に行ったが、受付するともうまともに座っていられない。何しろ頭が割れるように痛むのだから、椅子につっぷして
 「ウゴゴゴゴゴ」
 とか言っていた気がする。当時は余裕がなかったが、かなりおかしな人だと思われていたんじゃないだろうか。こっちはそれで痛みが引くのであればなんでもやるといった気持ちなのだが。鼻で息を吸っただけで口の中で風向きが変わって歯に当たって痛む。それがよくわかった。だからおちおち息すら吸っていられない状態だった。


 ・麻酔を打たれて一息ついたが、上の奥歯の内部が腐っているということだった。本当に腐っているかどうかはわからないが、そのくらい大きな虫歯だったのだろう。しかしこれは「一年以上はかけてできたもの」だということだったので、じゃあ今まで行っていた歯医者は一体なんだったんだよと思えた。
 普通歯の内部というのは神経の通る隙間があるのだが、痛みに対抗するためにオレの歯は内部に向けて膨れ上がっていきその空洞が塞がってなくなっていたんだとか。確かにここ数か月は余裕がなかったし、歯医者に行く余裕すらなかった、というか歯医者に行こうと考えることさえなかった。痛みがあれば我慢してしのぐと。そのおかげで歯は一本なくなった。


 ・しかしそういうことを考えてもやはり思うことは、うまくいく前は何か起こると。


 武田信玄みたいに最強の軍団を作り上げても急死するやつもいる。
 織田信長みたいに天下統一目前にして死ぬやつもいる。
 秀吉みたいに死地に赴いたのに信用を勝ち取るやつもいる。
 家康みたいに一生織田のそばでうだつの上がらない一生かと思いきや天下を手に入れるヤツもいる。
 だから今思うことはオレの努力は正しいということ。うまくいく前に死ぬような天才もいるんだから、まして平凡な才能しか持たないヤツがうまくいくかもしれないというチケットを握る機会があればそこで踏ん張らないといけないと。だから今のオレは生きるか死ぬかなんて生易しいレベルじゃない。
 勝つか、それとも死ぬか。勝つためにどれだけ命を賭けれるかということだし、数少ないチャンスを手にしている以上ここで躊躇っているようなことはできない。その結果歯を一本や二本失おうとも、それで成功を手にできるとすれば安いものだと。今回のことでオレは死ななかった。生きている。だから必ず成功できる。それを確信した一日でもあった。



 まあ一言でまとめれば、日頃の歯磨きは大切ですというお話でした(笑)







この記事へのコメント

  • ココ

    読んでて痛くなってきてうごごごって言いたくなりました😆
    2022年07月14日 23:22
  • きんた

    読んでてその時の痛み苦しみを思い出して冷や汗かいてました(¯―¯٥) 尋常の痛みじゃなかったですから。

    > ココさん
    >
    > 読んでて痛くなってきてうごごごって言いたくなりました😆
    2022年07月15日 10:17
にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ
にほんブログ村