ドラクエ3で人生攻略(まず遊び人を極めろ)






 今思い返すと、ドラクエ3の遊び人→賢者っていうのはうまくできていたなと。これは本気だったのかたまたまなのかはわかりませんが、人生の本質を貫いていたように思われます。ドラクエ3もそうですが、人生においてもですが大体20歳を境にみんないってみれば転職します。子どもから大人になるというわけですが、それを今こうして分析してみると、意味にあまりにもとらわれすぎているなと。賢者は魔法使いと僧侶のじゅもんを両方覚えるわけですが、つまり賢者を極めるのと、魔法使いと僧侶二つを極めるのは同じということになります。しかし決定的に違うのは、賢者は剣を装備できる、すなわちそこそこ力もあるということでしょう。魔法使いから僧侶へ、あるいは僧侶から魔法使いへ。結果的には同じに見えますが、でも賢者は圧倒的に違う存在です。意味だけを追い求めても、魔法使い済の僧侶と、僧侶済の魔法使いは賢者の下位互換でしかありません。


 ・でもそれ以上に決定的に違うのが、遊び人としての経験があるかないかですね。これはリアルな話ですけれども、最終的に何が決定打になるかっていうところで、賢者の下位互換としてのそのふたつを打ち出してくる例があまりにも多いなと。ところが「いやいや、二つとも経験してきてますから、賢者であろうとなかろうと同じでしょ?」という錯覚があるというケースが多い。しかし下位互換は下位互換でしかないということです。
 でもそれでさえまだ決定打というほどのものではなくて、やはり決定的に違うのは遊び人をレベル20までやってきた経験ですね。これがあるかないかというのは本当に大きな違いで、人生におけるまさに決定打といってもいいものだと思います。遊び人として生きてきた感性、経験、人生観。それらをじゃあどこまで生かせるのか。なんというか、このリアルにおいても遊び人は遊び人でしかなく、最低な立ち位置として扱われている、そして意味のない存在として把握されているように思いますが、でも実際は全然違うんじゃないかなと。そういう意味で、我々はつい意味にとらわれているからこそやれ魔法使いだ、僧侶だと己を主張しているように思いますが、それは意味じゃなくてムダのなさしか表してない。その人に隠された武器があるということが、その武器の強さがあることが忘れ去られている。そういう風に思いますし、そういう実感があります。俺は今まで戦士してきた、武闘家してきた、魔法使いも僧侶もしてきたと。意味ばかりとらわれますが、意味という意味においては下位互換なんていくらでも表せるわけです。しかしその中でも遊ぶということには特殊な立ち位置があると。


 ・……と力説したいところなんですが、「おー確かにあるよねえ」「遊ぶことは大切だよねえ」という一般的な理解でこの話は多分理解されてしまうように思われたので、いや、そうじゃない、違うんだといいたいんですが、その先を主張するほどのパワーがないのでここらでやめときます。










この記事へのコメント

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ
にほんブログ村

パソコンランキング