スト2で人生攻略(攻撃にある二重性、勝った上に勝つ)






 正確には、攻撃自体が別に二重性を持っているわけではなく、攻撃に二重性を持たせようということです。で、それというのは防御ありきの攻撃……という意味での二重性ではないわけですね。今までに書いてきたこと、つまり防御が攻撃の当然の前提となるということは当たり前のものとして考える、その上で出て来た攻撃に二重性を持たせようということですね。
 負けない=勝つは確かですが、でもその勝ちをくっきりと浮き彫りにするためには攻撃に二重性を持たせるということがどうしても不可欠なわけですね。


 でその二重性ですが、スト2風に言うと弱攻撃と強攻撃に分けられると思います。


 スト2の動画引っ張ってきました。
 ガイルですね。
 スト2は正直ヘタクソなんですが(笑)、しかしこうした解説動画は非常におもしろいのでよく見るようにしてます。非常に役立つネタの宝庫みたいなもんですね。スト2には正直役立てられそうにありませんが、人生には役立ちそうです。



 ①弱攻撃
 弱攻撃は速いし連打も効くけど、リーチが短いですね。動画では倒れた相手に対し続けざまに弱パンチを打ち込んでますが、こういう感じです。投げて相手が倒れている。そこに弱攻撃の連打はかなり有効です。勝った上に勝つということを実現するためにはこれは非常に有効だといえます。これは攻防一体のワザでもあるといえ、ちょっと打ち込んだ時に相手が何かしてくる、これはまずいと気付ければ攻撃をやめてすぐに逃げることも可能です。
 この点からすれば確かに攻防一体のワザといえるでしょうが、唯一の欠点が大きくは勝てないということです。即座に攻撃できる、即座に逃げられる、その切り替えのうまさは確かに素晴らしいですが、万が一相手がまごついてしまい大きく勝てるチャンスが到来した場合にどうなのか。あるいは敵が攻撃を仕掛けてきてすっと逃げられた、そして次のチャンス到来……とわかってももう逃げているわけですからそこから連続で仕掛けるということができません。つまり強攻撃ができないということが最大の欠点でもあります。大きくは勝てない、しかし手堅くはダメージを与えられる。弱攻撃の最大のメリットは手堅い、安全、安定ということにあるでしょう。
 最悪の事態、予想外の事態が万が一起きた際にもすっと逃げることができる点も素晴らしいと言えると思います。当然いつでも逃げられるということが前提になっている、だからこそコツコツと攻撃をすることができる。


 ②強攻撃
 これは動画でもある通りですが、リーチは長いしよく当たる、その反面大きく手を伸ばしているわけですから戻るのに時間がかかると。隙がでかいというのが欠点です。強い攻撃を当てられる分、スキが大きいためにこっちも大きい攻撃を食らうことを覚悟しなければならない。そしてそのくらった攻撃がこちらの命取りになることもあります。勝っていること、それそのものが負ける原因となり得ると言える。昨日の私を考えて見ると、攻撃しようと思った=攻撃が強攻撃しかなかった→大きく吹っ飛ばされたという感じです。そういうわけで弱攻撃が誕生したというわけですが(笑)こちらは隙が大きい分、大きく勝てる可能性もあります。ハイリスクハイリターンなワザですが、ハイリスクという点がある以上はそうそう多用すべきものでもないなと思っています。相手が倒れています、弱攻撃を仕掛けました、そしてこれはいけると強攻撃に切り替えました、それでもヤバいな、まずいなと思えばすぐに逃げることが必要です。強攻撃であるがゆえに、逃げ道は確保しなければならないという点では、これはあくまで弱攻撃の延長上にあるといっても過言ではないでしょう。最初に弱攻撃ありき、強攻撃はあくまでその延長にあるものだと。応用技であっても、単独に強攻撃というものがある、と考えない方がいいのかもしれません。
 そしてこれで大きく勝ったことが次の負けを招きかねないということも注意が必要です。決して多用すべきワザではないし、多用してはならないとさえ言えます。


 ・まあどちらにせよあくまで前提としては既に勝っているがゆえにできるワザだということですね。この前提が重要です。ただの弱攻撃では大した意味をも持ちませんし、ただの強攻撃をするだけではハイリスクを招くだけで終わるでしょう。あくまで既に相手を投げるなどして勝っている、勝っているからこそ、その余裕があるからこそできるワザだということですね。
 そして前提としての防御も成立している、つまりいつでも逃げられるということも重要です。この二つが前提として成り立っていなければとても使えるワザじゃありません。


 ・こうして勝った上に勝つということを考えてきたわけですが、まだこのソニックブーム→相手に防御させる→投げ……というこれがまだ何かに繋がるように思われるので、引き続き考えていきたいなと思ってます。これによって勝つ、その上で勝った上に勝つということがさらに追加して実現化できるのではないかなと考えています。







この記事へのコメント

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ
にほんブログ村

パソコンランキング