えひめai(えひめあい)の話






 ということで風呂に頭まで浸かり始めて(またこのネタかい(笑)という感じですが)半月ほど経った。
 頭を洗うとなればシャンプーするというのが当たり前ではあるが、どうも調べていくとあれっていうのは強力に頭の皮脂を奪うようなので、決して頭にとって良いものではないらしいということを最近知った。ということは、シャンプーするのは2~3日に一回くらいにしたらいいのかなと考えた。


 そうしたら2日頭を洗わないだけで頭の環境が激変した。激変というのは、なんか頭が粘っこい感じになってべたべたすると。まるで油粘土で遊んだら髪の毛が粘土くさくなったという感じ。これは何かといえば、シャンプーが強力に頭の皮脂を取り過ぎると。なので頭の方でも「毎日こりゃ大変に皮脂が取られるぞ」ということで皮脂を余計に出すという働きがあるよう。だからまあ自然と言えば自然だけど、皮脂を出される側はたまったもんじゃないよね(笑)という。まあ案外加齢臭もあるのかもしれないけど(笑)、よくわかりません。まあとりあえず言えることは、この髪の生えている頭という部位は、他の場所と比べてもかなり特殊な場所だということで。きちんとケアしてやらないといろいろ大変なことになる。雑菌が繁殖して頭が禿げるという話も聞いたことがあるし。
 だから洗わないといけないけど、洗いすぎると皮脂を大量に出すようになって不健康だし、洗わないと雑菌が繫殖してやはり不健康になると。それに風呂に浸かることもないとなるといろいろ溜まりやすい場所でもあるだろうし、そうなると結構厄介な場所ではないかと思う。


 ということでさっさと頭を洗いたいなーと思ったんだけど、ここで思い出したのがこのえひめai(えひめあい)で。これというのは納豆とヨーグルト、酵母菌を混ぜ合わせることでできたものであり、主に農業用で使われているものなんだけど、まあ使っているものが身体に優しいものばかりなので風呂に入れたりトイレ掃除に使っている人もいるようなもので。何がすごいって、納豆菌が強力に汚れとかを分解する、それによって本来ならば雑菌がその汚れを元に繁殖する(においの原因になったりする)ところが、納豆菌が栄養が取って雑菌が繁殖できないようにすると。だから農業用などで使われるというのは、病原菌とかが土壌に侵入できないようにするという意味で非常に強力な作用を持つというもので。


  詳しくはこちらにリンク張っときます


 ということなんだけど、自分でも何度も作ってみたことはあるがその効果を体感したことは全くない。使ってみても効果があるのかないのかもわからないし、その起きた効果がじゃあえひめaiによるものかどうかというのもわからないと。いいということは理屈ではわかるんだけど、実際に体感したことはない。だから化学的にはいいってことだろうし、リクツ的にもいいってことですが、体感的に感じたことがないのでどこか信仰的というかオカルトチックになっていた部分がある。


 しかしこれを風呂に入れたならば、恐らくはこのえひめaiの効果をはっきりと体感できるのではないかと。具体的には、頭からでるこの大量の皮脂を納豆菌が分解する、それによってべたつくことがなくなる。それも3日シャンプーを使わなくてもいいとなると健康的だしシャンプー代も浮くことになります(笑)
 まあ風呂に潜るという奇妙なことをしているわけですが、せっかくならより健康になろうと思ったら、風呂に入りつつ納豆菌・酵母菌・乳酸菌を自然と取れる(いろいろな意味で)となるとこれはより良い結果に繋がる可能性があるんじゃないかなと。


 運動・睡眠・食事は大切ですが、それに合わせて水も飲む(結石対策で(笑))ということもやってますし、風呂に頭から浸かるということもやってますが。じゃあこれらで完全かというとまたどこか不備があるように思えます。でももしかしたらこの……菌活??で菌のことにも気にかけることで、より健康を増進することがもしかしたら可能になるんじゃないだろうかと。
 まあそんなことを考えて始めてみました。
 2~3日、まあ一週間もすればその後を書けるかなと思ってます。





この記事へのコメント

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ
にほんブログ村