公民(系)のお勉強その1






 多分2~3回くらいで終わるかなと思ってます。
 意外とお勉強に向いてる。ブログってヤツは。


 ・イェリネックは国家の3要素を説きました。
 国民・領土・主権ですね。これホンマ出るヤツです。
 ただ、実際問題として北方領土からはみんな出されてるじゃないですか。そうなるといくら「主権があるでしょ」といっても、いやー国民みんな追い出されてるし、新しい人たち住んでるしとなると、「主権あります」って言ったってこれは難しいですよね。といつも思いながら見てます。はい。

 ・ラッサ―ルの夜警国家。
 これ自由主義的国家観が治安維持とか国防しかしてないことを皮肉った言い方ですね。個々人に自由にやらせて儲けるべきだってのが17~19世紀にあったわけですが、じゃあ国ってその間何してんのと。何もし取らんやんけ。夜警くらいしかやっとらじゃないか、というのがこれです。この皮肉が効いたのか反省したため、国家は福祉・社会・行政国家を目指そうという国家観が生まれることとなります。


 ・ホッブズ・ロック・ルソー・モンテスキュー。
 これ本当によく出ますよね。私も習いましたが、当時は何言ってるかよくわからんかった(笑)
 まずはホッブズ。16世紀ですね。
 『リヴァイアサン』で万人の万人に対する闘争を説きました。
 世界には限られた資源があると。それを獲得するのは人の権利であり、つまり自然権であると言います。でも資源には限りがあるからいずれ人は資源を巡って争うことになるよね、ということを説いてます。

 次にロック。17世紀の人です。モンテスキューに連なるよう覚えるといいです。
 ロックは権力分立を説きます。
 具体的には立法権と同盟権を説きます。
 これがつまり『市民政府二論』ですね。三権分立ってのが今後出てきますが、ロックはその前段階で二つだけ言おうとしたんだなと。
 これが70年後にアメリカ独立に影響を与えます。

 そして18世紀になりルソーとモンテスキューですね。
 ルソーは社会契約論を打ち出します。人の自由意思が約束したり、協力したりすることに繋がる。これ=社会契約であると。これは王権神授説と対立します。言ってることはホッブズっぽいですね。
 モンテスキューはロックの二権から発展して三権分立を打ち出します。
 『法の精神』を書いてイギリスの政治はいいけどフランスはダメだと言ってます。
 これが30年後にフランス革命に影響をもたらしてます。


 ・日本の選挙。これ出ますね。先日も出てました。
 被選挙権。
 25歳→市町村長、衆議院議員。
 30歳→都道府県知事、参議院議員
 若くてもなれます。よく若くてもフレッシュさをウリに出てる人もいます。45歳とか50歳とかでないと×、なんてことはありません。
 知事とか参議院議員は、ちょっと年が上でないとダメなですね。貫禄ありげでないとかっこがつかんのかなと。


 ・裁判制度。
 裁判員制度は重大な刑事裁判を扱う。
 ということは民事は×、対象外。
 これ時々ありますね。重大な刑事事件はいいんですが、あまりにも凶悪で無残なものもありますから、気分を悪くする裁判員が続出、とたまにニュースでやってます。


 ・衆議院の優越について。
 衆議院〇→参議院×→両院協議会を開くことができる。
 その場合また衆〇→参議院は×できない
 しかし参議院の要求に関しては、衆議院は拒否できると。いかにも衆議院に対して参議院は弱げな印象ですね。
 ところがこういう話があります。
 法律案に関して衆〇→参議院で×、もしくは60日以上が経過した際、衆議院は出席議員の2/3の賛成によって成立させることができると。時々、「参議院意味なくない?」という話もあったりしますが、実際には過半数→2/3となりかなりハードルは上がっています。100人で考えれば、過半数なら51人でいいわけですが、2/3以上となると67人以上となります。それを考えると、実際には参議院の立場であり存在意義ってのは絶妙なものがあるといえるのではないかなと。

 ついでに、参議院には緊急集会っていうのがあります。解散総選挙中に緊急事態が起きた時に、内閣はこれの招集ができると。衆議院には緊急集会はありません。


 ・国務大臣。
 総理によって任命されますね。これの過半数は国会議員でないとダメってのがあります。つまり、過半数越えなければ国会議員以外を入れてもいいと。例えば、例の竹中平蔵さんは経済財政政策担当大臣やってましたが。国会議員以外でも国務大臣につけるってことが重要ですね。


 ・国連総会。
 総会の決議は非常に強い、ときたら誤りですね。これ地味に多いです。多くは勧告程度の力しかないと。ただし予算や条約承認に関しては強制力を伴うものもある。
 とりあえず、権限はそこまで強いものではないと。


 こんなもんですかね。
 このペースでいくと、まあー3回以内に収めたいところですね。





この記事へのコメント

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ
にほんブログ村