ネコが増えるとハチの巣が増える






 ということでスズメバチに襲われました。キイロスズメバチかな?まさかあんなに大量に襲ってくるとはということで慌てて逃げましたが、三か所くらい刺されました。死ななくてよかった。アナフィラキシーにならなくてよかったねということですが、たいていの人は二度刺されたらなるということで、貴重なその一回をこんなことで棒に振ってしまったという。まあ命があっただけめっけもんだし、そもそも今までの人生で一回や二回くらい刺されてんだろうなあとか漠然と思ってましたが、全く刺されてなかったってことかなと。あと、二ホンミツバチにも刺されたことがありましたが。あれは一回でアナフィラキシーかなというくらいの胸の苦しさがあったんですが、幸い死ななくてよかった。でそれがカウントされてて今回のとあわせて二回とかならなくて本当に良かったという(笑)
 何やってたら襲われたかっていったら、ハチはいろいろと薬効が高いということで、巣で働いてるヤツを一匹、また一匹と拉致していったとしてもハチには分かるまいとか思ってたら、二回目で大激怒しました(笑)襲う前はあごをカチカチいうとか聞いたことありましたが、全然そんなことしていなかった(笑)まああの攻撃性はホントにヤバイですね。攻撃性としつこさ。そして刺された時にあるやけどしたかのような熱い感じの痛み。二ホンミツバチの方が痛さでは上でしたが、6時間くらいひりひりしたということではスズメバチの方が厄介でした。本当にズキズキと痛んだ。
 100%安心な状態でないと、ハチに手を出すもんじゃないなというのが今回の学びでした。99%くらいかなという甘い見通しでは痛い目に遭う(笑)
 あとハチ刺されにおしっこかけても意味ないらしいです(笑)


 ・前々から思っていたことではありますが、最近あちらこちらにハチが多い。なぜこんなにハチが多いのかって、恐らくツバメが少なくなった、というよりネコがツバメを食べるからだなというのは漠然と思っていました。
 そうなるとスズメバチの天敵であるツバメが激減する。そうなるとハチが増える。ハチの被害が増える。特に今はネコ全盛期という感じがありますから、ますますこの傾向は今後進んでいくように思われます。「ツバメは益鳥だ」なんてことは恐らく誰でも知っていることでしょうし、そういう意味では私もそうでした。でもそれが一体具体的には何を意味するのかというのは恐らく誰もわかっていないのではないかと思います。それを具体的に言うと上記のようなことになるということです。それによって何が起こるかと言えば、人が安全安心に普通に暮らしていけるということです。この至って当たり前のことが成立することがいかに難しいか。


 風が吹けば桶屋が儲かる。
 同様に(?)、ネコが増えればハチが増えると。
 ということで、今回ツバメは大切なんだねということだけ学んでいただければ、一命を掛けた(?)甲斐はあるというものです(笑)








この記事へのコメント

  • dalichoko

    くれぐれもお大事に。
    (=^・^=)
    2021年07月28日 04:37
  • きんた

    ありがとうございます!(^^)ホンマ体調不良でしたわーハチには触らぬ神に祟りなしですねー笑(^^;)

    > dalichokoさん
    >
    > くれぐれもお大事に。
    > (=^・^=)
    2021年07月29日 01:06

パソコンランキング