線引き






 ふと思い出した話。
 大造じいさんの話はどこへやらという感じだが(笑)、まあ違う話が浮かんでくるのであればまあそれはそれでいいかという(笑)



 小学生の頃逆上がりができなかったんだけども、高校卒業してふと鉄棒の前にいってみるとあっさりできたという話は方々でしている気がする。
 だから6歳くらいの時に本当にできなくて、そのできない意識を18歳くらいまで引きずっていた。だから12年以上は引きずっていた気がする。いや、問題は逆上がりの方じゃなくて、「オレは逆上がりができない」というその思い込みの方であって。
 確かに逆上がりはできた。楽勝だった。
 しかしそこに引いた一線は消えることがない。「オレには逆上がりはできないんだ」「きっとこのまま一生逆上がりできないんだ」「このまま人生引きずるんだろうな」というような漠然とした言葉にもならないもやもやとしたものってのがあって、じゃあそれは克服できたのかといえば正直全くできていない。
 逆上がりができたという喜びと共にあった漠然としたその喜びに付き纏う影のような何かがあり、そのなんともいえないはっきりと把握することも難しいその影の正体ってのはつまるところその線引きに行きつくんだと思う。
 確かにオレは逆上がりができた。この先一生できるだろう。今すぐにだって証明ができる。
 ところがそれと同時にオレは一生逆上がりができない。絶対にそれは不可能であり克服できるような代物ではないのだ。というよりもっとはっきりと言えば、それは絶対に克服してはならなかった。
 この奇妙な矛盾と対立というのが併存を始めている。これって一体なんなんだろうかと思うんだけど、はっきり言えばそれはカーストなんだと思う。絶対に覆せない階級差、階級層というものがあり、それは元々外にあったもののはずだけど自分の中でそれははっきりとイコールになっている。
 烙印といってもいい。「お前はこうだ」という区分がありなんとなくそうなのかと思っているうちに「オレはこうなんだ」に変わる。そんなものはいくらだって覆せばいいものなんだけど、事実いくらだって覆せるものなんだけど、ところがそれを覆すことがいかに困難なことなのかを身に染みてわかっているのがどうやらオレという人間らしいということで。絶対に不可能だってのはあくまでもオレの話だし、オレの努力の話だし、オレの内なる話でしかない。だからそれは努力すればいくらでも覆せる。
 ところが同時にそれは覆してはならないものでもある。そこには外的な影響というものを多分に含んでいる。それがなにかっていうとそれを覆されると困るから黙って死ねというような何ものかであり、むしろそれがあることが「みんな違ってみんないい」とでも言いたいかのような結果へとつながる。
 それは言うまでもなく偽物なんだけど、「みんな違う」ことにした結果でありそのうまみを頂いている人間は別に存在する。そしてそれを必要とする事情もある。そこには利権であり温床とでもいうべき何かの気配があるし、本来はそういうものに対して戦っていかなくてはならないような気がしているけれど、でもそうやって烙印との戦いを一生していくというその後ろ暗さ、後ろ向きな姿勢というのはどうなんだろうなと。


 一生なんてのは砂場で山を積み上げて、ちょっと不満があったからまた崩して。そしてまた今度は気に入るような城を形作っていくような、そういうことをやっていくうちに時間が流れていく代物なのかもしれない。






この記事へのコメント

  • y=k

    えぇっ?

    それってすごい怖い話じゃないですか〜
    利権、烙印、って冤罪みたいなことを思い浮かべました、もう君が犯人だと皆んな得なんだよ、みたいな感じの。

    きんたさん、最近の記事を読ませていただきましたが、思考の質がちょっと変わりましたか?
    もし、体調や精神的に不調でしたら、思考をお休みするのも良いかと思います。

    頭のいい人ほど思考の渦に巻き込まれて、良くないことになる時期ってありますのでご自愛くださいね。

    陰ながら、兵法の実生活の応用とタクティクスオウガ考察をとても楽しみにしている者より
    2020年11月22日 01:20
  • きんた

    ありがとうございます。
    もともと相当暗いんですよ笑て

    > y=kさん
    >
    > えぇっ?
    >
    > それってすごい怖い話じゃないですか〜
    > 利権、烙印、って冤罪みたいなことを思い浮かべました、もう君が犯人だと皆んな得なんだよ、みたいな感じの。
    >
    > きんたさん、最近の記事を読ませていただきましたが、思考の質がちょっと変わりましたか?
    > もし、体調や精神的に不調でしたら、思考をお休みするのも良いかと思います。
    >
    > 頭のいい人ほど思考の渦に巻き込まれて、良くないことになる時期ってありますのでご自愛くださいね。
    >
    > 陰ながら、兵法の実生活の応用とタクティクスオウガ考察をとても楽しみにしている者より
    2020年11月22日 19:32
  • きんた

    あ、切れた笑
    その暗さと鬱を利用してる面もありますから笑
    まあ思い付けばけっこうラッキーだし思いつかなけりゃ残念みたいな笑
    まあしかしけっこう叩かれることも多いから笑、思うことも増えますね。
    自衛隊の災害の起きた場所行って人助けして叩かれた時におかしいだろ!と思ったこともありましたが、
    「お前がもっと速く掘り起こしてれば死ななくて済んだんじゃ!」みたいな叩かれ方して病んだりした人もいたりしたんでしょうからね。
    現実には悪いことだけでなく「いいこと」も叩かれます。叩かれるのはむしろいいことだという覚悟なくしては、生きることすら億劫になりますからね。
    まあ悩みの尽きないことです笑(^^;)





    > きんたさん
    >
    > ありがとうございます。
    > もともと相当暗いんですよ笑て
    >
    > > y=kさん
    > >
    > > えぇっ?
    > >
    > > それってすごい怖い話じゃないですか〜
    > > 利権、烙印、って冤罪みたいなことを思い浮かべました、もう君が犯人だと皆んな得なんだよ、みたいな感じの。
    > >
    > > きんたさん、最近の記事を読ませていただきましたが、思考の質がちょっと変わりましたか?
    > > もし、体調や精神的に不調でしたら、思考をお休みするのも良いかと思います。
    > >
    > > 頭のいい人ほど思考の渦に巻き込まれて、良くないことになる時期ってありますのでご自愛くださいね。
    > >
    > > 陰ながら、兵法の実生活の応用とタクティクスオウガ考察をとても楽しみにしている者より
    2020年11月22日 19:36
  • y=k

    2箇所にちゃんとコメント返ししていただきありがとうございます!

    これからも見させていただきます。
    2020年11月22日 20:19
  • きんた

    いやいや〜こちらこそありがとうございます!(^^)

    > y=kさん
    >
    > 2箇所にちゃんとコメント返ししていただきありがとうございます!
    >
    > これからも見させていただきます。
    2020年11月22日 21:12

パソコンランキング