レオンで英語でも学んでみましょうやという企画13日目(今日もマチルダとレオン)





 さて。台所に豚を飼っていると言ったレオンでしたが、台所に行ってどうなったか。
 ここからが今日の場面ですね。
 今日長いですが見るべきところはそこまで多くないかなと。
 これはと思ったら◎とかしようと思いますし、いっそ全部見て量に触れる目的ってのもいいかもしれません。


 レオンはL、マチルダはM、豚のPiggyはPとします。


 P:
 M:
 P:
◎M:
 L:
 M:
 吹き出すレオン
◎L:
 首を振るマチルダ
 牛乳がなくなる
 L:
 机の上に弾丸を見つける
 バッグを開くと銃がある
 M:
 L:
 M:
 L:
 M:
 L:
 M:


 コップに牛乳を注ぐマチルダ
◎M:
 L:
 M:
 L:
 M:
 L:
 M:

 言葉のないマチルダ
 L:
 M:


 何も言わずに去るレオン

 翌日
◎L:
 うなずくマチルダ
 L:
 M:
 L:
 銃の手入れをするレオン、レシートの裏に何かを書くマチルダ
 M:
 止まるレオン
 M:
 L:
 M:
 L:


 銃とマガジンを渡すレオン

 L:

 M:


 溜息をつくレオン

 L:
 M:
 

 L:
 M:
 L:

 切れるマチルダ
 いきなり銃を持っていき、窓の外へ乱射する
 どこかで割れる窓の音
 唖然とするレオン
 M:


 言葉の出ないレオン


 二人で引っ越しする風景
 L:


 向き直るマチルダ
 L:

 M:

 L:
 M:

 これを聞いて苛立つレオン
 L:

 M:

 L:
 再び歩き出す二人


 今日長いですね(笑)
 まあ全部見る必要もないと思いますので、おもしろそうなところがあれば見るくらいでいいのではないかなと。
 日本語訳つけます。




 P:
 やあ マチルダ
 M:
 ブタさん
 P:
 ご機嫌いかが?
◎M:
 悲しいわ
 名前は
 L:
 レオン
 M:
 かわいい名ね


 吹き出すレオン
◎L:
 誰か身寄りはいないのか

 首を振るマチルダ

 牛乳がなくなる
 L:
 ミルクを取ってくる

 机の上に弾丸を見つける
 バッグを開くと銃がある


 M:
 すごいわ
 L:
 触るな
 M:
 レオン あなたの仕事はなに?
 L:
 掃除屋だ
 M:
 殺し屋のこと?
 L:
 ああ
 M:
 すてき


 コップに牛乳を注ぐマチルダ

◎M:
 誰でも殺すの?
 L:
 女と子ども以外はな
 M:
 弟の仇を討つのにいくらいる?

 L:
 一人5000 
 M:
 聞いて
 何でもやるから殺し方を教えて
 どう?
 掃除や買い物、洗濯もするわ
 お願い
 L:
 ダメだ


 言葉のないマチルダ
 M:
 どうすればいいの?
 帰る家もないわ

 L:
 大変な一日だったな
 今日はもう寝ろ

 M:
 あなたみたいな
 優しい大人もいるのね
 知らなかった
 おやすみ


 何も言わずに去るレオン


 翌日
◎L:
 眠れたか

 うなずくマチルダ
 L:
 食べたら出て行くんだ

 M:
 どこへ 
 L:
 さあな

 銃の手入れをするレオン、レシートの裏に何かを書くマチルダ
 M:
 読んで

 止まるレオン
 M:
 読めないの? 
 L:
 勉強はしてるんだが
 忙しくて
 もう少し
 なんて書いた?
 M:
 「私も殺し屋になりたい」って
 L:
 殺し屋に?
 これを持ってけ

 銃とマガジンを渡すレオン
 L:
 せんべつ代わりだ
 俺は独りで仕事をする
 M:
 ボニーとクライドは汲んで仕事をしたわ

 溜息をつくレオン
 L:
 俺を困らせないでくれ
 親切にしたし
 命まで助けてやったろ?
 M:
 助けたからには責任が
 好意で助けたんでしょ?

 
 今 私を助けなかったら
 助けなかったと同じことになるわ 
 どうする
 L:

 M:
 追い出されたら殺される
 死にたくないわ
 L:
 マチルダ
 君はまだ子どもだ
 とても殺し屋にはなれない


 切れるマチルダ
 いきなり銃を持っていき、窓の外へ乱射する
 どこかで割れる窓の音
 唖然とするレオン
 M:
 これでも?

 言葉の出ないレオン
 二人で引っ越しする風景
 L:


 向き直るマチルダ
◎L:
 今度あんなことやったら殺すぞ
 M:
 オーケー
 L:
 プロにはプロのおきてがあるんだ
 M:
  

 これを聞いて苛立つレオン
 L:
 「オーケー」はよせ!
 M:
 オーケー
 L:
 よし
 再び歩き出す二人


 ここから解説ですね。


 P:
 M:

 P:
◎M:

 この「I've seen better days.」ですけど、直訳すると「私はもっといい日々を見たことがある」となります。
 つまり過去は輝いていたんだと。「今は最悪だ、どん底だ」
 そういう意味になりますね。


 これよく出てくるフレーズのようで。
 こちらのサイトにもありますね。
 「昔はよかったよ」
 「今は落ちぶれちまった」
 そういう意味を表すフレーズですね。
 日本人は「ハワユ―」と聞かれたら「アイムファイン、センキュー」しか返せないやつらだと最近よくネットで見かけるようになりましたね。
 そういう時に「I've seen better days.」を使ってみてはいかがでしょう
 「なんかあったの?」と心配されそうですね(笑)


 L:
 M:
 吹き出すレオン
◎L:
 「You have anyone to go to?Any family anyplace else?」と言ってますが。
 前半は疑問文なのに「Do you have」でない文章ですね。
 後半はもはや「Do you have」どころか「You have」すらも省略されています。
 前半についてたからわかるだろうってなもんですね。
 後半のは、someの意味なんだけどanyの形を取っているヤツですね。疑問文とか否定文に出てくるヤツです。

 anyplaceで「どこでも」
 anyplace elseで「ほかの場所に」の意味になります。

 goとくっついたらわかりやすいですね。
 go anyplaceなら「どっかへ行った方がいいぞ」となります。
 go anyplace elseであれば「どっか他のところへ行った方がいいぞ」と。
 「ここではない他のところ」という意味が強調されるのがelseですね。
 他にもanyoneなら「誰でも」ですが。
 anyone elseなら「他の誰かを」という感じになりますね。


 元の文章に戻りますが、
 「どっか行くとこあるでしょ? 家族が他のどこかにいるでしょ?」
 という意味になりますね。


 首を振るマチルダ
 牛乳がなくなる
 L:
 gonnaはgoing toですね。
 「I'm going to get~」という文章と同じですね



 机の上に弾丸を見つける
 バッグを開くと銃がある
 M:
 Holy shitで「やべえ……」「うっそー……」「なんてこった……」
 の意味になりますね。

 L:
 M:
 exactlyは「正確に、きちんと」という意味ですね。
 副詞なので省いても通じるというか、省いた方が分かりやすいかもしれません。
 「What exactly do you do for a living?」
→「What do you do for a living?」
 「何して生計立ててんの?」
 という感じになりますね。

 これにexactlyが加わるので
 「はっきり言って」「きちんと答えて」
 というようなニュアンスが加わると考えていいかなと思います。


 L:

 M:
 L:
 M:


 あっさりと自分が殺し屋だと認めたレオン。
 早いなと思う反面、マチルダに見られてしまったので、それをでたらめ言って取りつくろうよりははっきりさせた方がラクだなって思いはあるのかもしれません。
 マチルダは一時的にここにいるだけですから。
 それに明らかにレオンはそういう取り繕うのがうまくはないタイプですし。


 you meanは「~って意味ですか」でもいいですが「要するに」としても大丈夫なようです。
 「掃除屋だ」
 「それは要するにヒットマンってこと?」(「それはヒットマンという意味?」でもいけますね)
 「まあ(そういうこと)」

 という感じですかね。


 コップに牛乳を注ぐマチルダ
◎M:

 これもDoから始まらない疑問文ですね。
 疑問文はDoからじゃないのかとヘタに思っているとこれをクリアできなくなると思います。
 実際は
 「You clean anyone?」で成立している疑問文なわけですね。
 学校教育では絶対にこう成らないことを踏まえるとけっこう教育の方向性がミスっているような気がします。


 L:

 M:

 dirt bagsで「人間のクズ」ですね。
 hire someoneとは言ってますが、明らかにレオンを雇おうとしています。
 「How much would it cost to hire someone to get those dirt bags who killed my brother?」

 前半は「How much would it cost to hire someone」
 「誰かを雇うのにいくらくらいかかるか」と聞いています。
 後半はその誰かの説明ですね。
 「私の兄弟を殺した人間のクズを捕まえるための」
 という感じでしょうかね。
 getはゲットですけど、取るとか得るのほかに「捕まえる」という意味もありますね。


 L:

 Five grandで5000ドルですね。
 a head はper headで考えていいと思います。
 「一人当たり」「一人頭」という感じですね。
 1ドル100円と考えるとまあ一人当たり50万ずつかかるよという感じですかね。



 M:

 It's a dealで一つのフレーズになってますね。
 「それで手を打とう」「それに決めよう」「これで決まりだ」というような意味になりますね。
 ここでは疑問文ですから
 「それで手を打とうよ」「そう決めようよ」「これで決まりでいこうよ」というような感じでしょうか。


 L:

 にべもなく断られている感じですね。
 「お話にならない」「交渉決裂だ」
 とかそういう感じでしょうかね。



 言葉のないマチルダ
 M:

 「行き場がない」
 と言ってます。
 親兄弟もいなければ他に親戚もいない。
 さらにはあんたに断られたらもう道がないんだと。


 L:

 have a ough dayで「荒れた一日」となりますが、「大変だったな」「大変な一日だったな」という意味もありますのでここはそういう意味で取っていいのかなと。



 M:

 「It’s not always like that.」ですけど、これはレオンに親切にされたのがいつもあることじゃない、珍しいということじゃなくてマチルダの人生にとって珍しいこと、なかなかないことだという感じですね。




 何も言わずに去るレオン


 翌日
◎L:

 「眠れたか」「よく眠れたか」
 という意味のSleep wellですけど、忠実に訳そうと思えば「Slept well」じゃないと話がおかしいなとなります。
 これは先に
 「Were you able to」が省略されていると思っていいでしょう。
 なぜSleptじゃないのかというのと、なぜ現在形のsleepなのかということに関してはそういう意味合いがあると思っていいでしょうね。
 そこまで言わなくても言いたいことはわかるだろうという意味での省略があると思っていいと思います。



 うなずくマチルダ
 L:

 「Good,'cause after breakfast you gotta take off.」
 'causeはbecauseと同じ意味です。接続詞で「なぜならば」って感じの意味になりますね。causeは名詞で「原因」、動詞で「~をもたらす」という意味なので全然別物のようです。
 「なぜって朝食を食べた後にお前は離陸するんだからな」って感じの意味合いですね。離陸が変なら「飛び立つ」あるいは「ここから巣立つ」という感じでしょうか。
 まあもっとストレートに「朝飯食ったらここからでてけよ」と言おうとしているんだなと捉えたらそれでいいのかもしれません。
 日本語の「卒業」のニュアンスに近いものがあるかなと思います(笑)



 M:

 L:


 銃の手入れをするレオン、レシートの裏に何かを書くマチルダ
 M:
 止まるレオン
 M:
 「読み方知らないんだ」
 という感じですね。
 あまりさげすむような意味合いはなさそうです。

 L:

 「学んではいるんだけど、最近忙しくてちょっと遅れ気味なんだ」と言ってますが。
 レオンがちょっと言い訳してますね。


 M:
 L:


 銃とマガジンを渡すレオン
 L:



 M:

 ボニーとクライド、テルマとルイーズの話を出してますが。
 なんのこっちゃと。

 ボニーとクライド

 マチルダは1930年代の実話と90年代の映画の話をしてますね。
 よくそんなネタ知ってるなあと思いますが(笑)
 要するにいい仕事にはいい相棒が必要でしょうと言ってますね。



 溜息をつくレオン
 L:

 M:
 

 マチルダが昨日とは一変して強気です。
 というより、レオンに放り出されれば殺されるのを待つしかない。
 それならば多少強気に出てでもとにかく有利な条件をつかみ取るしかないのでしょう。
 「窮鼠猫を嚙む」ですね。


 L:
 M:

 L:


 「I don't think you could do it.」
 よく間違えられるやつですね。
 「I think you couldn't do it.」として「あんたはそれできないと思う」とすると日本語ではすんなりいきますが、でも英語としては間違えることになります。
 「I don't think you could do it.」として「あんたがそれできるとは思えない」とすると。
 notをcouldとセットにしたくなるところですが、したらいかんというヤツですね。

 これさらに掘り下げると具体的にはこれになりますね。
 I thinkってのは強い根拠とかあるんだろうなと思わせる、その一方でI don't thinkには「まあそこまで深い意味合いはないけどオレはこう思うよ」という感じのニュアンスがあるんだと。だから両方とも使えないことはないけど、全然別物だよと。これは勉強になりますね。
 私も授業で習ってふ-んと思ってましたけど、なんだI thinkの文でもいいんじゃんと今思いましたから(笑)


 「そう悪く考えなさんな。
 何より、悪いけど君に自殺なんてできるわけがないと思う」
 レオンはマチルダにそんな度胸ないでしょ? と思っているわけです。
 でもマチルダからしてみれば親兄弟はいないし頼るところもない。レオンのところを追い出されたら本当に食べるものも寝床もない。兄弟を殺したヤツに仇も討てない。
 お先真っ暗です。
 そこまで追い詰められているし、ヤバいし自覚もしているんですけど、でもマチルダのそれはレオンには伝わっていないわけですね。


 切れるマチルダ
 いきなり銃を持っていき、窓の外へ乱射する
 どこかで割れる窓の音
 唖然とするレオン
 M:


 言葉の出ないレオン
 二人で引っ越しする風景


 L:
 向き直るマチルダ


 L:
 「今度あんなことやったら殺すぞ」と訳されてますが、でも
 「Don't you ever do that again or I'll break your head.You got that?」
 「次あんなマネするなよ、さもないと頭に銃弾打ち込むからな」
 とかなりレオンにしては強気な物言いです。
 相当怒っているように見えますね。
 not everは「もう二度と~するな」という強い命令になりますね。neverも同じ意味合いのようです。


 M:
 L:
 「そういう言葉だよ。それではプロじゃない。ルールってものがあるんだ!」


 M:
 これを聞いて苛立つレオン
 L:
 「OKって言葉を使うのはやめろ!」
 と言ってます。


 M:
 L:
 再び歩き出す二人
 ここのレオンの理解があまりよくわかりません。
 Okって使うなと言いながらOkを使うマチルダの度胸の良さにいいなと思ったのか。
 あるいは今後使わないという最後のOkを気に入ったのか。
 あるいは剣幕にビビッて泣き出したりしないことがいいと思ったのか。
 そのいずれにしろ、とにかく引っ越しはレオンにとってはそこまでイヤなものではないようです。



 さてすさまじく長くなりましたが(笑)
 今回はこれで終わりにしましょうかね。
 最後にざっと復習して終わりにします。
 おつかれさまでしたー。




 P:
 Hi,Mathilda.
 M:
 Hi,Piggy.
 P:
 How are you today?
 M;
 I've seen better days.What's your name?
 L:
 Leon.
 M:
 Cute name.


 吹き出すレオン
 L:
 You have anyone to go to?Any family anyplace else?

 首を振るマチルダ
 牛乳がなくなる
 L:
 I'm gonna get some more milk.

 机の上に弾丸を見つける
 バッグを開くと銃がある
 M:
 Holy shit!
 L:
 Don't touch that,please.
 M:
 Leon?What exactly do you do for a living?
 L:
 Cleaner.
 M:
 You mean you're a hit man?
 L:
 Yeah.
 M:
 Cool.


 コップに牛乳を注ぐマチルダ
 M:
 You clean anyone?
 L:
 No women,no kids,that's the rules.
 M:
 How much would it cost to hire someone to get those dirt bags who killed my brother?
 L:
 Five grand a head.
 M:
 How about this?I work for you and in exchange you teach me how to clean.What do you think?I'll clean your place,I'll do the shopping,I'lleven wash your clothes.Is it adeal?
 L:
 No,it's not a deal.
 言葉のないマチルダ
 M:
 What do you want me to do?I've got no place to go!
 L:
 You've had a rough day today,go to sleep and we'll see tomorrow,OK?
 M:
 You've been really great with me,Leon……and it's not always like that.You know?G'night.
 何も言わずに去るレオン


 翌日
 L:
 Sleep well?
 うなずくマチルダ
 L:
 Good,'cause after breakfast you gotta take off.
 M:
 Where to?
 L:
 Not my problem.


 銃の手入れをするレオン、レシートの裏に何かを書くマチルダ
 M:
 Read it.
 止まるレオン
 M:
 You don't know how to read.
 L:
 I'm learning,but I had a lot of work lately,so I'm a little behind.What's it say?
 M:
 "I've decided what to do with my life I wanna be a cleaner."
 L:
 You wanna be a claener.Here! Take it!
 銃とマガジンを渡すレオン
 L:
 It's a goodbye gift.Go clean.But not with me.I work alone.Understand? Alone.
 M:
 Bonnie and Clyde dodn't work alone.Thelma and Louise didn't work alone.And they were the best.


 溜息をつくレオン
 L:
 Mathilda,why you doing this to me?I've been nothing but nice to you!I even saved your life yesterday,right outside the door.
 M:
 Right。And so now responsible for it.If you saved my life,you must have saved it for a good reason.if you throw me out now,it's like you never opened your door.Like you let me die right there in front of it!But you did open it,so……
 L:
 Mathilda.
 M:
 If you don't help me,I'll die tonight.I can feel it……and I don't wanna die tonight.
 L:
 Mathilda.you're just a little girl,so,don't take it badly,but……I don't think you could do it.I'm sorry.


 切れるマチルダ
 いきなり銃を持っていき、窓の外へ乱射する
 どこかで割れる窓の音
 唖然とするレオン

 M:
 How's that?


 言葉の出ないレオン
 二人で引っ越しする風景
 L:
 Mathilda.


 向き直るマチルダ
 L:
 Don't you ever do that again or i'll break your head.You got that?
 M:
 OK.
 L:
 And word like that.It's not professional.There is rules!
 M:
 Ok.


 これを聞いて苛立つレオン
 L:
 And stop saying"OK"all the time!OK?
 M:
 Ok.
 L:
 Good.
 再び歩き出す二人



この記事へのコメント


パソコンランキング