レオンで英語でも学んでみましょうやという企画その11日目(スタンとマルキー)





 お、もう10日か、ボチボチ中国語に戻ろうかなと思いましたが、まあせっかくなのでこの調子で15日くらいまで行ってみようかなと思います。そういや中国語はテキストも読んでたなあ。英語はテキスト使ってない。気が向いたら中学のテキストとか引っ張り出してこようかなと思ってます(笑)



 さて、散々作曲家の話をしていたスタンですが、その隙をついてジョゼフが近くに用意していた銃を手にして一時銃撃戦が起きます。
 スタンの部下の一人は直撃を受けて死亡します。
 その流れ弾のうち一発がスタンの左肩に当たり、スタンはケガをします。
 さらにマチルダの弟のマイケルは銃撃を受け死亡、ジョセフもスタンに背後から銃撃を受けて死にかけます。この後怒り狂ったスタンによってジョセフは再度襲われることになりますが。


 今日はそのジョセフが背後から撃たれた直後からですね。
 スタンとマルキー、部下のベニー、近所の婆さんが登場します。
 ベニーはB、婆さんはグランドマザーなのでGにしましょうかね。


 自分の左肩を見るスタン
 S:
 Ma:
 S:
 Ma:
 S:


 自分の服の左肩に穴が開いているのを見て激高し、床に倒れているジョセフを撃ちまくるスタン。
 銃声が響き、ベニーは不安そう。

 Ma:
◎S:
 Ma:
 S:
 Ma:
 S:
 Ma:

 ここでベニーが銃を発砲。マルキーの顔近くに当たる。
 Ma:

 ここで外へ出る二人
 Ma:
 
 S:
 Ma:


 ここで近所の婆さん登場
 G:
 Ma:
 G:
 Ma:
 S:
 G:


 これを聞いてスタンが婆さんの近くに威嚇射撃
 S:
 身の危険を感じて逃げる老婆
 頭を抱えるマルキー
 Ma:


 通りかかるマチルダ
 部屋の中から話し声が聞こえる
 
 
 


 さて、いかがだったでしょうか。
 ここ注意というところに◎でマークををつけてみました。
 聞いてて明らかに、は? これおかしいだろというところですが、こういうところを聞いて明らかにおかしいところをそのままチェックしていくのが大切かなと急に思いましたので、チェックしてみることにしました。過去分もやってみましょうかな。


 今回の◎は
 「いやいや、もう死んでるヤツに対してなんでそんなに銃を打ち込む必要があるの!?」とマルキーが激怒しているんですが、スタンはこう返したわけです。
 「だって、あいつオレのスーツを汚したんだぜ!」


 「元気ですか?」→「はい、元気です」
 みたいな会話ならばそう違和感を抱く必要もないわけなんですが、これだけ会話がおかしいのに普通に続いている会話の、その違和感とか空気感みたいなものを大切にしていきたいところですね。

 これを聞いて「は? 気色悪」と思えるレベルまできたら、英語の勉強としては多分大成功ですね(笑)



 ということで日本語訳つけてみます。

 S:
 クソ! 
 Ma:
 スタン
 S:
 見ろよ
 Ma:

 S:
 あのクソ野郎

 自分の服の左肩に穴が開いているのを見て激高し、床に倒れているジョセフを撃ちまくるスタン。
 銃声が響き、ベニーは不安そう。

 Ma:
 何する気だ
 もう死んでる
◎S:
 上着がパアだ
 Ma:
 死人を撃ってどうするんだ
 落ち着け
 S:
 冷静さ
 Ma:
 動くなよ
 S:

 Ma:
 ベニー

 ここでベニーが銃を発砲。マルキーの顔近くに当たる。
 Ma:
 撃つなベニー
 俺とスタンだ
 冷静に頼むぞ

 ここで外へ出る二人
 
 一服やろう
 外に出るぞ
 撃つなよ

 Ma:
 中に入れ
 なんて野郎だ
 S:
 オレの上着が……
 Ma:


 ここで近所の婆さん登場
 G:
 なんの騒ぎなの?
 Ma:
 麻薬取締局です
 G:
 なんでランドーさんを?
 Ma:
 落ち着けよ
 S:
 落ち着いているさ
 G:
 もう帰って

 これを聞いてスタンが婆さんの近くに威嚇射撃
 S:
 部屋の中に入ってろ


 身の危険を感じて逃げる老婆
 頭を抱えるマルキー


 Ma:
 スタン 中に入れ

 通りかかるマチルダ
 部屋の中から話し声が聞こえる


 
 台所にあるかもしれないぞ
 
 ブラッド 正気か?
 
 4歳の子供を殺すなんて


 ということでここから解説ですね。


 自分の左肩を見るスタン
 S:
 Oh!Fuck!
 クソ!
 これはそのままですね。

 Ma:

 S:
 Look what you did!
 直訳だと「お前が何をしたか見ろよ」
 ということですが、これを言っている相手は撃ったジョセフではなく部下のマルキーです。
 じゃあyouが違うんじゃないかということですが。
 これwhat he didじゃないのかということですね。
 もしかしてyouにheとか一般的な意味のitみたいな意味があるんじゃないかと思ってみましたが、そんなものはありません(笑)
 考えられるのは
 ①youがジョセフだろうとマルキーだろうとどうでもいい精神状態にあった
 ②このyouには「おまえが」という意味が希薄だった
 という感じでしょうかね。
 でもこの後スタンはジョセフを再度撃ちに行くわけですから、錯乱していて誰が誰だかわからなくなっているということはなさそうです。



 Ma:
 Stan,are you all right?
 この「大丈夫か?」
 の意味はだから撃たれた左肩は大丈夫かという意味と、精神的に大丈夫かと。
 オレと撃ったヤツをごっちゃにしてないかという意味で聞いてますね。

 これどっちか片方だと大変ですね。
 左肩大丈夫かと気にしていたらスタンに撃たれかねない。
 精神状態は大丈夫かと気にしていたら「オレのケガはどうでもいいってかよ」と撃たれかねない(笑)
 マルキーの苦労がしのばれます(笑)

 S:
 Look!WHAT YOU DID!
 激高したスタンがジョセフを追って飛び出していきます。


 自分の服の左肩に穴が開いているのを見て激高し、ジョセフを撃ちまくるスタン。
 銃声が響き、ベニーは不安そう。
 Ma:
 Hey,Stan,Stan!What're you doing?What're you doing,he's dead!

 銃が空になるまで打ち尽くしましたが、スタンはまだまだ打つ気満々です。


◎S:
 But he ruined my suit.

 ruinはTOEIC勉強している時に見かけたことがある気がします。
 名詞で「廃墟、没落、滅亡」って感じですね。
 これが動詞なので「汚した、ダメにした」とかここではそういう意味ですね。

 「なんでそんなに撃つの?」と聞かれて
 「だってオレのスーツをダメにしたんだぜ」
 と答える名場面ですね……(笑)


 Ma:
 I know,I know, but he's dead.He's a piece of meat,forget about it.Calm down.
 I knowとI understandの違いについては以前も書いた気がしますが、忘れたのでまた貼ります。

 わかるということと理解すること、腑に落ちることことの違いといえばそうかもしれません。
 後は理由がわからないについてはknowになる傾向があるというのも重要でしょうね。

 表面上はマルキーは「わかった」と言っていますが。
 スタンが激怒して撃った理由はわかるわけです。だってオレのスーツをダメにしたんだからと言ってるわけですから。
 でもそれでこうなるの?? ということになると、マルキーは全然わからない。
 I knowと言っているわきで、「やはりこいつの考えてることはわからん」と頭を抱えているマルキーがいると思ったらこの場面は大成功ではないかと思います(笑)


 S: 
 Ma:
 S:
 Ma:


 ここでベニーが銃を発砲。マルキーの顔近くに当たる。
 Ma:
 このベニーって人、全然場面がわからんわけではないし、むしろ話をかなり聞いておきながらこうして撃っている感じがあるんですよね。
 恐らくはマルキーではなくスタンの命を狙っていたのでは、と考えるのはやり過ぎでしょうか。
 あるいはあまりの緊張具合に錯乱してた可能性もあるでしょう。


 take it easyは「気楽にいこうぜ」とか「落ち着いていこうぜ」というような意味がありますが、この声かけをしている相手はスタンです。
 スタンに対してはなだめつつ、間違って撃とうとしたベニーに対しては鬼になりつつと、マルキーは百面相のように顔を変えていきます。
 苦労人なんですね(笑)

 
 Come on.Let's get a cigarette,all right.Benny,we're coming out!Benny!,don't fire!
 ここでcome とgoについてですね。
 このページが非常にわかりやすかったです。
 go outは「外へ出ていく、外出する」という感じになります。
 come outは「外へ出てくる」
 なんだと。
 ついでにcome onも見ておきましょう。
 「こっち来いよ」「ついて来いよ」の意味から
 「頼むよ」の意味までいろいろありますね。



 
 Get in!Jesus fucking Christ,Benny!
 二人がcome outで中から出てきたわけですが、代わりにベニーがget inで部屋に入ったわけですね。


 S:
 You wear something new and……
 ここもスタンは自分のことなのにyouを使っています。
 Iに代わってyouというのはまあないので、この言葉への理解は難しいものがありますね。


 M:
 Take it easy……
 まあ気楽にいこうぜと。


 ここで近所の老婆登場
 G:
 What's happening out there?
 out thereで「あっちで、向こうで」になりますね。


 Ma:
 It's all right,Ma'am,don't worry.DEA.Police.

 このma'am、「メアン」はmanにも聞こえて非常にややこしいなと思いましたね。
 DEAは麻薬取締局のことですね。


 G:
 Why don't you leave that poor family alone?

 これはleave O Cってヤツですね。
 「OをCのままにしておく」だと。
 これKeep O Cとどう違うの?というのがありましたんで貼っときます。
 意図しない放置がこのleave O Cだと。

 完全にほっとけやって感じですね。
 「どうしてその貧しい(「かわいそうな」かな?)人たちをほっとかないの?」
 「もう解放してやれや」
 って感じですね。 


 Ma:
 Everything's all right.Just calm down.


 S:
 I'm calm.I'm calm.
 そう言いながら銃に弾を込め終わって振り回してるスタンです。
 普通なら、この様子を見てしり込みして引き下がるだろうものを老婆は引き下がる気配がありません。
 説明するために口を開くのがめんどうなスタンというのをよく表してるでしょうが、婆さんは続けます。


 G:
 Why don't you leave 'em alone?

 ’emはthemのことですね。
 音がないので「エム」となるんですけど、ここで省略されて発音されてないけど一応あるんだよと。
 それを文字に表して指し示すのがこの’emですね。
 喋っている時は「エム」と聞いてthemだと誰もが分かるのでしょう。



 これを聞いてスタンが婆さんの近くに威嚇射撃
 S:
 He said go back inside!


 実は私この言葉が好きで(笑)
 この企画を始めたのがそもそもこの場面に惹かれたからってのがかなりあります。
 「こいつやっべえわ」と(笑)

 「あいつ(マルキー)が部屋ん中に入れって言ったのが聞こえなかったのか」
 と言ってますね。


 これ映画の場面ですね


 身の危険を感じて逃げる老婆
 頭を抱えるマルキー


 Ma:
 Stan, I think it's better if we go inside,all right?
 もうあまりにも切れすぎてて、マルキーがさらに気を使っているのがわかります。



 通りかかるマチルダ。
 部屋の中から話し声が聞こえる
 
 Benny,turn that kitchen upside down,find that shit!

 upside downは「さかさまにする」「ひっくり返す」という意味ですね。
 台所をしらみつぶしに探せ! という意味で使われているのでしょう。
 減った分のヤクがあるはずだ、と。

 
 Willy Blood,look what you did!
 
 You killed the four year old kid!Did you really have to do that?


 ここでマチルダは自分の4歳の弟が殺害されたらしいことを知ります。
 しかし警察で麻薬取締局とはいえ、これではまるで殺害集団ですね。
 最初から武装してきていたはいいものの、死体に向かって撃ちまくっていたり、4歳の子どもまで撃たれている。
 容赦がないとはいえ、見境がなさすぎるということは言えると思いますし。
 しかもそれをしているのが警察側だというのが救いがない。
 しかもそのリーダーであるスタンは、明らかにいろいろおかしい(笑)
 とまあこれでこの場面は終わりですね。


 最後にざっとこの場面を見て今日は終わりにしましょう。
 おつかれさまでしたー。



 自分の左肩を見るスタン
 S:
 Oh!Fuck!
 Ma:
 Stan.
 S:
 Look what you did!
 Ma:
 Stan,are you all right?
 S:
 Look!WHAT YOU DID!


 自分の服の左肩に穴が開いているのを見て激高し、ジョセフを撃ちまくるスタン。
 銃声が響き、ベニーは不安そう。

 Ma:
 Hey,Stan,Stan!What're you doing?What're you doing,he's dead!
 S:
 But he ruined my suit.
 Ma:
 I know,I know, but he's dead.He's a piece of meat,forget about it.Calm down.
 S:
 I'm calm.
 Ma:
 Stay there,OK?
 S:
 OK.
 Ma:
 Benny!


 ここでベニーが銃を発砲。マルキーの顔近くに当たる。
 Ma:
 Jesus fucking Christ.Benny!It's Malky and Stan.
 Take it easy……,all right?
 Come on,come on.Benny!
 
 Come on.Let's get a cigarette,all right.Benny,we're coming out!Benny!,don't fire!
 
 Get in!Jesus fucking Christ,Benny!

 S:
 You wear something new and……
 M:
 Take it easy……


 ここで近所の老婆登場
 G:
 What's happening out there?
 Ma:
 It's all right,Ma'am,don't worry.DEA.Police.
 G:
 Why don't you leave that poor family alone?
 Ma:
 Everything's all right.Just calm down.
 S:
 I'm calm.I'm calm.
 G:
 Why don't you leave 'em alone?


 これを聞いてスタンが婆さんの近くに威嚇射撃
 S:
 He said go back inside!
 身の危険を感じて逃げる老婆
 頭を抱えるマルキー
 Ma:
 Stan, I think it's better if we go inside,all right?


 通りかかるマチルダ。
 部屋の中から話し声が聞こえる
 
 Benny,turn that kitchen upside down,find that shit!
 
 Willy Blood,look what you did!
 
 You killed the four year old kid!Did you really have to do that?



この記事へのコメント

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

人気ブログランキング