お料理教室3、ボンゴレ





 ということでこのお料理教室も三日目である。
 とはいえお料理教室ったってやってることは何かといえば
 ①お湯を沸かす
 ②パスタと袋を投入
 ③さらに広げて完成
 ってんだからお料理なのかどうなのかも怪しいし、ましてこれ教室ったってお湯を沸かすことくらいしかやってない(笑)まあ細かいところはいいか(笑)

 ということで本日ボンゴレである。
 20200802061131526.jpg20200802061134544.jpg20200802061137938.jpg


 完成と思ったけど、トッピングにパセリがついていたことを忘れていた。



20200802061141024.jpg


 こうして完成であるのだが。
 しかしボンゴレとは一体なんぞゃということで調べてみた。
 ボンゴレとは

 「ボンゴラというアサリに似た二枚貝を使ったイタリア料理。


 なんてこった。
 漠然と多分をアサリを使っていればボンゴレってくくりなんだろうなあと思いきや、なんとアサリを使ってすらいないという。

 これは驚き。確かにそう思って調べてみると、ホンビノス貝(大アサリ)とかいうヤツを使ったりもするようだが、別にアサリを使わなくてもいいんだなあってのがちょっと朝から驚きだった。
 一応別に使っても悪いってわけじゃないんだろうけれど。


 まあこれは余談ですね(笑)


 ・食べてみると、非常に身体に優しい味わいだなという印象。
 パスタとオリーブオイル(最初は油でギトギトに見えて、これ大丈夫かなあと思ってたけど(笑))、そしてこの……恐らくはアサリだろうと思われる貝(笑)、この三者のバランスと相性が非常にいいのだ。
 なんか徹夜明けとか夏バテ中とかで食べるといいかなという感じ。体への負担少なく油を摂れるしこれはけっこういいなあと思った。


 ・パセリ。これ何がいいの?(笑)
 と漠然と思っていたけど、確かに美味しい……気がする(笑)
 単調になりがちな味わいに膨らみをもたらしている……気がする(笑)
 要するによくわからん(笑)
 ただ間違いなく見た目に彩りを添えてはいるけどなあ。
 なんかあまりに微細な差なのでイマイチよくわからん。


 なんか味付けに塩を用いる感じとよく似てますね。
 なんというか味わいの増幅機能的な? そういうイメージだろうか。



 実はパセリとかオレガノとかミントとか、こういう葉っぱ系(笑)ってよくこうして添えられていると思いますけど、こういうのが一体どういう働きをしているんだろうなあというのをちょっとこうしたことをしつつ把握しておきたいってのはあるんですよね。関わらなくても一生生きていけるけど(笑)、でも知らないとなんだかもったいないような気もするので(笑)
 いわゆる貧乏性ですかね(笑)
 こしょうとか黒コショウはなんとなくわかるけど、オレガノとかナツメグとか何がいいんだろうかととりあえず把握しておきたくなる性分らしいので。
 ちょっとパセリってどういう働きをしているかがイマイチぼけててわからんままだった。
 今度パセリ買ってきて完全にこれ独自にやろうかなあ。



 ☆☆☆
 星0個。個人的には70点。
 なんといっても油がしつこくなく摂れるというのはいいなと思った。
 肉とかギトギトで胃腸に負担が大なこともあることを思えば、この油の量をギトギトするイメージでなく摂れるのはうれしい。とはいえ食べ終わってみるとやはりけっこう油をとったなという感じ。とはいえまったく負担がないわけではないらしい。食べ終わるとやはり重いものは重い。


 貝(多分アサリだと思うけど(笑))の味付けには結構不満かなと。
 塩味がキツイ。食感がボソボソしすぎている。これなら自分で買ってきて処理した方がいいなと思った。めっちゃ手間だけど(笑)
 個人的にはアサリを結構買ってきて、料理もしてきたんすよね。赤ワインで軽く煮てやるとか、バターで味付けとか非常に美味しいなというのがあった。
 それだけにこのアサリはメインだとは思うけど、メインの役を張るにはちょっと重荷かなという印象。ボンゴレの中で数少ないキャストだと思いますけど(笑)、でもこれはいらんかなと。


 いやでもこの素朴な味わいとか味付けとか、個人的には結構好きかなと思った。
 徹夜明けに食べたい一品だなと思ったし、夜勤とか毎日のようにあった当時これを食べる方向性があったらけっこう違っていた、と今思うなあ。








この記事へのコメント

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

人気ブログランキング