レオンで英語でも学んでみましょうやという企画6日目




 ということで昨日は短いですがちゃっちゃと切り上げましたが今日は長いですね。
 文が25個続きます(笑)
 主に悪役のスタン(スタンフィールド)と部下のマルキーとマチルダの親父さんのジョゼフですね。
 なのでスタンはS、マルキーはMa、親父さんはFでマチルダはMってことで書いていきます。
 なんかもめているようです。

 F:
 
 
 Ma:
 
 
 
 F:
 
 
 Ma:
 
 
 F:
 Ma:
 
 F:
 (マルキー大きくため息)
 Ma:
 
 S:
 (マチルダの父を嗅ぎまわるスタン、いやそうな父親、頭を抱えるマルキー)
 
 (マチルダの父を抱きしめるスタン)
 
 F:
 (ここでマチルダに向き直り、蹴る)
 
 M:
 (父親、マチルダをぶん殴る)
 F:


 最後急に強気に出るジョゼフ(マチルダの父)が気になりますね。
 なんで急に? って感じですが。
 スタンの「彼はやってない」って言葉を聞いて「お、ボス意外とちょれえな♪」と思ったからかは知りませんが。
 あるいは娘でいつも叩いたり蹴ったりしているマチルダの前でひたすら一方的になじられるかっこ悪い親父像があるので、マチルダを見つけて、あ、オレ一方的にやられるだけじゃかっちょ悪いじゃんと、散々言ってきたマルキーに最後反撃に出たのかもしれませんね。
 そして「おいお前オレを見てうわだっさとか思ってんじゃねえぞ、オレは怖いんだぞ」というのを知らしめるためにマチルダを蹴ったり殴ったりしたのかなと。
 まあそれだけではなく、いつも蹴ったり殴ったりしてるから、一方的にやられてその憂さ晴らしとしてマチルダをというのが自然と言えば自然なんでしょうけど。そういういろいろなものが絡み合ってこうなってるなという感じがしますね。



 ということで下に日本語訳を付けてみました。


 F:
 
 
 オレはただの預かり屋だ
 あのヤクに触ってもいない
 Ma:
 
 
 
 純度100%のヤクが90%に落ちてたぞ
 ヤクをくすねたのか?
 F:
 
 
 そんなことするわけないさ
 Ma:
 
 
 正直に答えないと迷惑になるんだぞあの人のな
 彼は今お気に入りの音楽を鑑賞中だ
 F:
 くすねてない
 Ma:
 
 彼はウソを正確に嗅ぎ分ける
 本当だぞ、ごまかしはきかない
 彼のご厄介になる気か?
 F:
 盗んでないさ
 (マルキー大きくため息)
 Ma:
 
 スタン、くすねてないそうです
 S:
 (マチルダの父を嗅ぎまわるスタン、いやそうな父親、頭を抱えるマルキー)
 
 信じてやる
 (マチルダの父を抱きしめるスタン)
 
 だれが盗んだのか調べろ
 明日の正午までに
 F:
 待てよ
 だれが盗んだかお前らが調べろ
 (ここでマチルダに向き直り、蹴る)
 
 家で宿題でもやれ
 M:
 やったわ
 (父親、マチルダをぶん殴る)
 F:
 なら掃除を手伝え
 タバコは吸うな



 ということでここから解説です。

F:
 
 

 「I mean,what's my job,I'm just a holder.」なんですけど。
 これ、直訳すれば
 「オレが言いたいのは何がオレの仕事かってことだ、ただの預かり屋だ」
 となります。
 stuffは物ですし、「ブツ」と言った方がいいでしょうかね。
 「オレはブツを預かってる、あんたがブツを渡したようにだ」
 just like~は「~と同じように」という意味になりますね。ちょくちょく見かける気がします。
 「見てもいないし触ってもいない。
 切り方さえ知らない」
 と言っています。
 なくなったらしいですが、それはオレとは無関係なんだと言っているわけですね。
 これに対してマルキーが答えます。

Ma:
 
 
 

 「Try and follow me」は訳しにくいですけど、翻訳機だと「付いてこい」と出ます。
 「いいか、オレについて来いよ」と。
 つまりオレのこれから言うことをよく聞けよとマルキーは言いたいのでしょう。
 dopeはヤクですね。
 「6月にお前にヤクを渡した時には純100%だったんだ」
 「7月になって、返してもらってテストをすると純度90%だ」
 pick upは拾う、取り上げるとかいう意味がありますね。
 from youがついてたら「おまえから返してもらったら」ときちんとわかりますけど、ついてない。
 ということは
 「7月になってヤクをピックアップして(選び出して)測ったら」というような意味になるかもしれませんね。
 とはいえ悪いのはマチルダの父だという前提で話が進んでますから、from youとかつけるまでもないし、はっきりと言ってないけど言いたいことは分かるだろうというニュアンスは大いにあるかと思います(笑)

 「Now somewhere between June and July 10% turned to cut.」
 これわかりにくいですね。
 「6月~7月のどっかで」10%がどっか行っちまったんだと。
 turned to cut は「カットに切り替わる」となりますけど、要するに減ったとか消えたってことですね。
 これに対してマチルダのお父ちゃんは答えます。


F:
 
 


 I don't knowってわかりませんと言いたいときに使って間違えるヤツの代名詞みたいに言われることが多々ありますが。
 これを見ると、一応使えるようです。
 「知らねえよ!」
 「知ったこっちゃねえよ!」
 「興味ないよ!」
 というけっこう失礼な意味を持っているようですね(笑)
 なのでI'm afraid とかI'm sorryを先に付けましょうということらしいです。


 「知らねえよ! そんなことはオレの仕事じゃない。オレは預かるだけだ。
 あんたがヤクをオレに渡した、その渡したヤクを預かっていた。
 それがオレの知ってるすべてだ!」
 と言っています。
 要するにあんたらの検査の方がおかしかったんじゃないの? と。


 なんか火に油を注ぐ典型みたいな会話してますね(笑)
 「オレは預かっただけだから知らねえよ」(笑)


Ma:


 「よく見ろ、分かるか、オレはお前をそこから助け出そうとしてるんだ」と。
 help you out って表現ですね。
 Please help me! とかの表現が一般的な気もしますけど、
 Please help me out!という表現もあるんだと。
 これで成立している表現ではありますけど、outってのはつまり「外へ出す」ってことですから窮地から外へ出すという意味合いがあるんでしょうね。
 なので
 「Hey, look, you know.I'm trying to help you out here.」
 で、マルキーはこの窮地から親父さんを助け出してやろうとしているんだということがわかります。
  ついでにhelpのおもしろい記事を見つけましたんで貼っておきます。

 
 
 
 gonnaはgoing toですね。「~するつもりだ」
 gottaはgot toで「~しなくてはならない」
 disturbは「邪魔する、妨げる」ですね。
 assはいろいろ意味がありますけど、「強情、厄介ごと、馬鹿なマネ」って感じですね。
 「もしそんなバカなことをし続けるつもりなら、オレはあの人の邪魔をしなくちゃならん」
 「あの人は、音楽聞いてる時に邪魔されるのが大嫌いなんだよ」
 って感じですかね。


F:
 親父さんは「真実を言ってるんだ!」 と。

Ma:

 「he's got a talent for sniffing out a lie」と言ってますが。
 sniff outで「嗅ぎ分ける、嗅ぎつける」です。
 get a talent for~で「~の才能がある」ですね。
 「オレもそう思いたいけど、あの人にはウソを嗅ぎ分ける才能があるからな」と。
 
 It's scary.It's almost like a sixth sense.Now are you gonna change your tune or do I gotta bust into his?
 「それは恐ろしいぜ。
 ほとんど第六感みたいなもんだ。
 どうする、お前のチャンネルを変えるか、彼の聞いてる音楽の世界を破壊するか?」
 「お前が折れるか、あの人を怒らせるかどっちがいい?」
 とマルキーは聞いています。
 多分マチルダのとーちゃんは何言ってるかよくわかってないんでしょうね。
 多分何言ってんだこいつと思ってるでしょう(笑)


 そして言います。

F:

 二度目の「I'm telling you the truth.」ですね。
 日本語訳では「くすんでない」「盗んでない」と言ってますが、英語では全く同じ表現です。
 同じ表現をしつこく言っている、頑として譲らない。
 そういうニュアンスがあるというのは重要でしょう。

 これを聞いてマルキーは溜め息をつきます。

Ma:
 
 「he says he didn't cup the dope.」
 と言ってますが。
 これ「くすねてない」と訳されてますけど、訳によっては「彼はヤクを飲んでないそうです」ともなります。
 つまり、cupという動詞がここにあるんですけど。
 これ普通に調べると「手をカップの形にする」とか「抑える、支える」みたいな意味が出てきます。
 なるほど、つまりまるまんまの薬の中にカップを突っ込むとかくすねるとかそういうイメージかなと思いましたけど、ちょっと違うんですね。
 それプラスそのまま飲んでしまうという意味もあると。
 盗むにプラスして飲む、使うという意味もあるわけですね。
 なのでcupという動詞はいろいろと奥行きがあるんだなというのが分かりますね(笑)


S:
 (マチルダの父を嗅ぎまわるスタン、いやそうな父親、頭を抱えるマルキー)
 
 of courseですけど「もちろん」という意味は一応ありますけどここは「よし!」という意味になるのかなと。
 「he didn't」は「彼はしてない」という意味でしょうが、果たしてどういう意味なのか。
 盗んだけど使ってないなとか。
 あるいは盗んだし使ってるのか。
 あるいはそういうこと一切がどうでもよくて、その後の「嵐」の方を望んでいるから敢えて使った表現なのか。

 ついでですが、of course not.でも「もちろん違う」という意味になりますのでまあここでも使える表現なんじゃないかなと。


 (マチルダの父を抱きしめるスタン)
 
 do me a favorで「頼みがある」ですね。
 誰がやったか調べてくれと。



F:

 「cut the shit」で「ムダなことを省く」とか、「余計なことをしない、本題に入る」というような意味がありますが。
 shitは「くそ、糞」とかそういう意味ですね。
 「ムダなことしてるヒマはねえんだ、探せってんなら自分でやれや!」
 みたいなことを言っています。
 なんで最後の最後に強気になれるのかホント不思議(笑)


 
 「What the hell are you doing out here?Get inside and do your homework.」
 と言ってますが。
 what the hellで「なんてこったい、一体どういうことだ」とかそういう意味ですね。
 これ
 「What are you doing here?」でも通用しますね。
 つまりoutってのは「(本来やるべきことややるべきものから外れた)ここで」という感じなのでしょう。
 「ここで」の強調というか。
 「お前ここいるべき場所と違うだろ」と言いたいニュアンスがあると。
 いかにもアウトらしい使い方のアウトですね(笑)


M:
 (父親、マチルダをぶん殴る)
F:
 Oh yeah.Well,you can get inside and help your sister clean up the goddamn house!And stop smoking cigarettes!
 goddamnは「ひでえ、とんでもない」とかあまりいい意味ではなさそうです。

 これによると、神が誰かを地獄に送って苦しめるイメージなんだそうです。
 最悪ですね(笑)
 stop ~ingで「~するのをやめる」という意味になりますね。
 命令形なのでここでは「タバコを止めろ!」って意味になりますね。


 いかがだったでしょうか。
 今回は凄まじく長かったですね(笑)
 ということで最後にざっとおさらいして今日もおしまいですね。
 おつかれさまでしたー。


F:
 I mean,what's my job,I'm just a holder.
 
 I hold the stuff, just like you give it to me.
 
 I don't look at it.I don't touch it. I don't even know how to cut it.
Ma:
 Try and follow me,all right.
 
 In june when we gave you the dope, it tests a 100% pure.
 
 Now it's July.we pick up the dope and it tests 90% pure.
 
 Now,somewhere between June and July 10% turned to cut.
F:
 I don't know! it's not my business.I'm just a holder.
 
 you give me the stuff.I hold the stuff.
 
 That's all I know!
Ma:
 Hey, look, you know.I'm trying to help you out here.
 
 But, you know, if you're gonna be a hard ass about it,I gotta disturb him.
 
 And let me tell you,when he's into his music,he hates being disturbed.
F:
 I'm telling you the trut
Ma:
 I hope so、because he's got a talent for sniffing out a lie…….
 
 It's scary.It's almost like a sixth sense.Now are you gonna change your tune or do I gotta bust into his?
F:
 I'm telling you the truth.
 (マルキー大きくため息)
Ma:
 All right.
 
 Stan.Stan……I'm……I'm sorry,you see……,he says he didn't cup the dope.
S:
 Oh.
 (マチルダの父を嗅ぎまわるスタン、いやそうな父親、頭を抱えるマルキー)
 
 Of course,he didn't.
 (マチルダの父を抱きしめるスタン)
 
 Just do me a favor.Find out who did.By tomorrow.Noon.
F:
 Malky,hey,wait.Hey,I didn't cut your shit,Find out yourself!
 (ここでマチルダに向き直り、蹴る)
 
 What the hell are you doing out here?Get inside and do your homework.
M:
 I did it already.
 (父親、マチルダをぶん殴る)
F:
 Oh yeah.Well,you can get inside and help your sister clean up the goddamn house!And stop smoking cigarettes!




この記事へのコメント

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

人気ブログランキング