レオンで英語でも学んでみましょうやという企画1日目





 ということで前日に引き続きレオンであると。
 午前中に書こうと思ったが、気が付けばあんまりおもしろいんでとうとう最後までみてしまって書けなかったもんだから夜に慌てて書こうとしているところです。
 ところが夜に眠気が来たもんだからとうとう翌日になってしまいましたよという感じですね(笑)


 ・で、ここで英語の講師でもしてみんとすってなもんだが、多分オレがいまTOEICやったら200点/990点くらいだろうなあと。100点満点でいったら20点いかないくらい(笑)
 こんなヤツがそれっぽく英語を教えよう! なんて話だけど、そんなんでいいのかと(笑)多分巷では990点満点とか取ったヤツもいるだろうし、点数稼ぎだけなら絶対にそっち行った方がいいのは確かである。しかも多分これ見てる人の方が多分オレより点数高いだろうというこの(笑)

 こういう人が一体何をウリにできるのかといえば、×の多さだし〇にこだわらないという姿勢、これがウリになるんじゃないかなと(笑)
 点数にこだわらない英語、点数に縛られない英語って大切だと思うんですよね。
 何言っとんやといわれそうですけど(笑)


 まあーいろいろ考えたけど、
 こういうのもまあ、おもしろくていいんじゃないかな(笑)
 ということで始まり始まり(笑)
 今回が最終回にならないことを祈るばかりです(笑)



 ・先日も書きましたけど、著作権関係こわいのでYoutubeに教材として上げたいのはやまやまですがそれは難しそうなので、代わりに機械にしゃべってもらおうと思います。
 けっこういいなと思うのはそのままにしまして、解説入れたいなと思ったら私が好き勝手に解説喋って行こうかなと。


 一番最初の場面です。
 おっさん二人が話をしています。






 この4つだけ見ていこうかなと。
 とりあえず4つだけ聞いてもらって、フムフムと思ってもらえればと。


 次に日本語訳(というか字幕)を下に乗っけます。


 仕事の話だ。こいつが勢力を伸ばしてる。

 モリツィオさんが話し合いを呼びかけてるが無視している。

 そこでお前の出番だ。やつは毎週火曜に町へ。火曜は?

 空いてる

 多分ここで最初に聞いた時と比べて、もっと具体的に
 「多分こういってるのかな」
 「こういう単語を使ってるんだろうな」
 ってのをイメージできるんじゃないのかなと思います。あるいはあれ? ちょっと違うなとか。


 ①
 レツトークビズネスはいいと思います。
 ディスファッバスターは「太ったクソ野郎」なので「こいつ」というにはちょっと弱いかなと。
 is trying to~は~しているというよりは「~しようとしている」というニュアンスがあるかなと。
 move in on~は「~に進出する」とか「~に襲い掛かる」みたいな意味ですね。


 ここ、move in とmovingでややこしいなとなると思うんですけど、be trying toの後は動詞の原型とかいうヤツがあるのでmovingは外せるとは言えると思うし説明可能だと思うんです。
 でもそれを解説していくことがメインではないので、とりあえずmovingはここではないなと。ここで話してるおっさんはそんなのを考えていちいち使ってるわけではないっていうことが重要ですね。
 「toの後だからmove inであってmovingではなくて……」とかこのおっさん多分話ながら1ミリも考えてないと思います(笑)
 話の中で「ムービン」といったってそれがmovingかmove inかなんて相手にはわからんのだから、とりあえずここはムービンと言っとけば間違いないかなと(笑)
 文法も大切ですけど、その場のノリも大切ですよね(笑)
 このノリも丸パクリしましょう(笑)


 なので、ここでは
 この太ったクソ野郎

 が、よりによって

 あのモリツィオさんのビジネスに向かって


 進出してきてやがる(不敵な生意気な野郎だぜ)」と言いたいんだなと思って、それを思いながら暗唱して丸パクリすることが重要です。
 もはや進出とかいらないかもしれない。
 「あーちょっかいかけとんだなー」というこの空気を察しましょう(笑)

 だからThis fat bastardは最重要ですね。
 ということで
 ①
 ですね。


 ➁
 ということで➁ですが。
 now you knowは訳せば「知っての通り」とか「知ってると思うけど」になるでしょうけどまあいらんですよね。ダミー部分と考えていいかなと思います。
 reasonable は「聞き分けのいい」「合理的」「穏当」とかいろいろあると思うんですけど、人の言うことを聞き入れることができて、なおかつきちんといろいろしてくれるという意味で優しい人みたいな感じのニュアンスがいいのかなと思います。お値段がリーズナブルとか言いますけど、これお財布に優しいよねみたいな(笑)


 ◎littleを「リトル」は一発で×ですね。
 「リル」で◎でいいと思います。「レロ」でも◎でいいかもしれない。これは本当によく出ますね。

 ここで敢えて分けましたが。
 
 この発音、正確には誤りです。
 ヒドオナ ヒアバウ(トゥ)
 って感じになります。
 「ヒードンウォナ……」なんてのは
 文的には正解ですが、現実的には間違いですね。


 このまんま丸暗記したいところですが敢えて解説をすれば
 ・heの次のdoなんてdon'tしかまずないわけだから、敢えて「ドントゥ」という必要はないなと。肯定文ならhe wannaであって「d」の入る余地は一切ないと。なら「d」の音をちょいといれさえすれば否定文はできあがるわけです。

 wannaはwant to~ですね。「~したい」ってヤツですが、わたしこれ授業でみたことない(笑)まあ英語の授業は睡眠時間だったせいかもしれませんが、つまり恐らくは英語の授業とは最も相性の悪いヤツのひとつですよね。英語の物、DVDとかを見てると見かけるのは他にもありますよね。
 これの仲間でgonnaとかgottaてのもあります。
 gonnaは~するつもりだ、
 gottaは~しなくてはならない、になります。

 but this guyは文というよりは「だけどこいつさー」みたいな枕詞(?)みたいな感じで捉えればいいのではないかと。要するにbutだと捉えればいいし、それ以上の意味はないというかダミーだと捉えていいのかなと(笑)


 ➁


 ③

 Tuesdayの発音ってまちまちですよね。
 わらしはチューズデイと教わりましたけどこれはこれで正解だと思うんです。
 でもトューズデイってのもあれば(つまりここですね)
 この映画のこのおっさんのように「トゥーズデイ」ってのもある。
 レオンはそのまま「チューズデイ」と言ってます。つまりこれはそのまま通用しており会話として成立しているってことなんでしょうね。
「今なんつった?」みたいになっていないと(笑)


 ・フランス語やった時にけっこう「u」の音が難しかったのを覚えています。単純な「ユー」の音だけじゃなくて、音の高さがかなり高いんですよ。「♪ユー」と歌う前の発声練習でもやってんじゃねえかというぐらいに音が高いですね。まあこれは完全に余談です。


 「おめえの言うことなら聞くだろうよ」ってのはつまり「銃で脅して従わせろや」ということでしょう。



 実はこれ思いっきり間違えました。
 「アンプリチューズドゥ」
 って「~ed」という意味の単語であり「わかった」とか「承った」とかの意味かなーとか思ってたら、
 まさかの
 「アイムフリーチューズデイ」
 という最も単純なものだったとは。


 I'm freeですけど
 「アンプリ」(あるいはあんふり)
 って感じですね。
 フリーだから「f」の音だろうってのは非常に危険です。


 かつて服部君事件ってのが昔ありました。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E7%95%99%E5%AD%A6%E7%94%9F%E5%B0%84%E6%AE%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6


 日本人留学生の少年が射殺された事件ですね。
 これはハロウィーンで「Please(お菓子をあげるからこっちへ来なさい)」と「Freeze(止まれ)」の聞き間違えによるものだとも言われていますが。
 とにかくfとpの発音に関しては要注意だと思います。
 勘違いとか間違いというよりは、言い方と聞き方によってはほとんど一緒なんでしょうね。

 まったくの別物というわけではないと。
 ここは「アンプリチューズドゥ」って感じのを(その本性はアイムフリーチューズデイなわけですが)こういうのもあるんだなーと覚えられたら大成功だと思います。
 
 これかなり大げさですがこんな感じ(笑)


 ということでまとめというか最後にもっかい見て今日は終わりってことで。



 Let's talk business.This fat bastard is trying to move in on Morizio's business.

 Now you know Morizio is a reasonable guy.He just wants a little conversation.But this guy he  don't wanna hear about it.

 Maybe he'll listen to you.He comes to town every tuesday.Are you free tuesday?

 Yeah,I'm free Tuesday.











この記事へのコメント

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

人気ブログランキング