山本化学工業のマスク(ビオラ)についての考察

山本化学工業ウエットスーツ素材 ほぼマスクシリーズ『ビオラ-2』マスクカバー 3枚組

価格:4,500円
(2020/5/22 00:12時点)
感想(1件)



 ということでコロナについて騒がれるのも最近はやや下火気味に感じられる今日この頃ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。
 私としては、最高にラッキーにいけばBCGがものすごく効いてて日本は全然大丈夫だったという道もあるにはあると思うわけですが。
 一応最悪の場合も考えて、つまり先日も上げましたが統計上は4月に日本全体で8000人の死者の増加があったということを踏まえてですね、一応念には念を入れて最悪の場合を想定しつつ生活していきたいなと考えております。


 ということで今日は山本化学工業というところの「ビオラ」というマスクを取り上げて紹介していければなと思っております。本当は動画で上げたかったけど多分アドリブでは全部説明しきらんだろうと思ったので、ブログで上げてます。てことで動画はまた今度にします。


 山本化学工業のサイトはこちら
 https://www.rakuten.co.jp/hokusei-web/

 組み立て型と二つ折り型の二種類があります。
 組み立て型は一枚1000円、二つ折り型は一枚1500円(期間限定)となっております。ただし3、5、10枚のセットで買う必要がありますね。個別には売ってないです。


 このマスクのニュース
 http://www.yamamoto-bio.com/news/news200330.html

 https://www.at-s.com/news/article/economy/national/757753.html


 こちら組み立て型ですね。


 表
 20200521232124264.jpg

 裏
 20200521232130071.jpg
 

 上と下の丸い部分が逆側の穴に差し込まれることで止まる仕様となっております。
 穴が6つ開いてるってのが奇抜なデザインというか、なんかジェイソンぽいですよね(笑)
 誰かは幽遊白書の鴉(からす)みたいと言ってましたけど(笑)


 
 20200521232134489.jpg

 20200521232132558.jpg

 こんな感じで組み立てられます。

 
 20200521232136360.jpg


 でかいので、ジェイソン風の穴を隠したいんですけど、サイズがすごく大きくて他の白マスクではカバーしきらない(Lサイズの場合)。
 なので上と下からはみ出す感じになってかえって目立つなと思うんですが、まあジェイソン風の穴が目立つよりはいいのかなと思ってます。背に腹は代えられぬというヤツですね(笑)
 そして使用時にはティッシュ二枚分を中に折りたたんで入れると。


 ・主に医療の現場で使われてるN95マスクってヤツが、95%シャットアウトするらしいですけど、このビオラってマスクは確か76%だったか遮断する能力があるらしいです。で、ティッシュの代わりにPFEのフィルターとかを入れることでさらに効果を高めることができると(これちょっと探しましたが確認できませんでした。フィルターの販売はまだのようです)


 N95マスク 
 https://www.safety.jrgoicp.org/ppe-3-usage-n95mask.html
「N95マスク規格とは

 N95規格とはNIOSH が制定した呼吸器防護具の規格基準であり、N はnot resistant to oil 耐油性なし を表しています。95とは塩化ナトリウム(空力学的質量径0.3μm)の捕集効率試験で95%以上捕集することを意味しています。 つまりN95マスクは、5μm以下の飛沫核に付着した病原体を捕集することができ、着用者の肺への病原体の進入を防ぐことができるのです」
 という説明がなされています。


 なので、市販のマスクで言ったら。
 BFE、VFE、PFEとありますけどVFE程度の威力があるといえるでしょう。
 で、VFEはウイルスを99%遮断するってことですけど、これは76%ってことなので性能としては市販の使い捨てVFEマスクのほうが上と言えると思います。
 ですから、優劣をつけるなら
 BFE<ビオラ<N95マスク<VFEマスク<シャープのマスク(PFE)
 という形でまとめられるかと思います(ただしシャープのマスクや市販のVFEマスクは、高性能ではあるが長時間使用には向いていないと思われる)。
 参考に
 http://www.chugai-kouki.co.jp/environmental/mask.html


 ・でもティッシュがフィルターとして入っているということなら、フィルターはティッシュということで菌などを吸い込んでしまいそうなものですが。しかしティッシュを入れることで、マスクがキツキツになるおかげで非常に息を非常に吸い込みづらいんですね。マスクの側面はもちろんですが、前部側の穴からも空気が吸いにくい。
 なるほど、確かにそもそも息を吸えなければいいといえばいい。これがPFEとかのフィルターになればなおさら効果が上がると言えるでしょう。



 ・ちなみに話題だったシャープのマスクはPFEです。
 ウイルス対策ならVFEで十分と言われるところをPFEで99%ですから、N95マスクよりも高性能ということになります。ただ、長時間の使用に耐えるかどうかは別でしょうが……
 非常に高性能でしたが、一回当たり60円使って使い捨てることになるので高いですよね。
 乾蒸しとか以前話題でしたけど、あれも下手すりゃ濡れて機能は落ちるので、それもどうかなと思います。特に高価な使い捨てマスクになればなるほど、失敗して機能が落ちるとダメージが大きいのでそんなに多様できないような気がします。


 シャープのマスク
 https://cocorolife.jp.sharp/mask/



 ・で、ここからは二つ折りのマスクを紹介していきます。

 20200521232138091.jpg

20200521232139915.jpg

20200521232141827.jpg


 一番違うのは組み立てなくていいってことですね。
 いちいち穴に入れて組み立てる必要がないと。
 いかにも普通のマスクって感じがします。
 

 ・で値段としては1000円と1500円なんですけど、どちらがいいかといえば圧倒的に二つ折り型の方がいいと思います。
 理由としては、組み立て型は穴にあの丸い部分を差し込まなくてはならないんですけど、この穴というのが10回も使っていたら結構傷んでくるんですね。多分50回も使ったら裂けてくるんじゃないかなと。毎回毎回通すので、痛みが速いと。


 
 さらには穴に通したとして、組み立てたとしてもかなり外れるんですね。ちょくちょく外れる。そうなるとじゃあ安全ピンを通すとか外れない工夫をすることになると思うんですけど、その手間がムダですよね。
 付けてる最中に人混みの真ん中で外れるとか、欠陥品といってもいいんじゃないかと思うんですが、とにかくそのくらい外れます。より安いし、毎回組み立てればいいじゃんと思われるかもしれないですが、私の体感としては30歩に一回くらいは外れます(笑)。こうなるといくらいいマスクでもマスクになってません。
 それくらいなら、ということで消去法で二つ折りのマスクをお勧めしたいと思います。


 ・一応手洗いすれば100回くらい使えるということですし、コロナ禍の完全な終息がなかなか見えない昨今だし。マスクの値上がりは今も続いていることを考えれば、使い捨てマスクよりも何回も洗って使えるマスクは経済的にも優しいと言えるのではないかと思います。


山本化学工業ウエットスーツ素材 ほぼマスクシリーズ『ビオラ-2』マスクカバー 3枚組

価格:4,500円
(2020/5/22 00:12時点)
感想(1件)


この記事へのコメント

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

人気ブログランキング