聖戦の系譜について考える 改



 聖戦の系譜
 序章
 https://youtu.be/JxQz9THlCSc



 ということで聖戦の系譜ってゲームについて考えていきたい。
 このゲーム、ストーリーは名作だと思うけど、ゲーム自体の難易度があまりに高いのとたくさんあるアイテムが今ひとつ活用されにくい状況があって、なんかいろいろもったいないなあと思ったわけだ。
 で敵が強いのはいいとして、どういう感じになったらほどほどに難しくてほどほどに楽しめて。ほどほどに充実感が得られるかをグダグダと考えていきたい。

 
 ・最初に加入するノイッシュ、アレク、アーダンが弱すぎる。

20200203065451438.jpg

20200203065513336.jpg

20200203065524839.jpg


 この3人いろいろ厳しいなと思う。そもそも装備している鉄の剣やはがねの剣がまあRPGらしく最下級の武器ではあるけど、いまひとつ面白みに欠ける。
 細身の剣ほど軽くないし、守りの剣みたく守備力もアップしない。炎の剣みたく間接攻撃もできない。斬鉄の剣みたく特攻効果もない。
 まあちょっとしたきっかけで売られるかお蔵入りされるかしそうな立ち位置なわけだ。
 これが50体倒して☆50になったからといって、だからなんだというのか……(一応必殺の一撃、つまりクリティカルが出やすくはなるのだが)。
 

 いや、がんばって育てた武器が強くなっていく、そして子孫に受け継がれていくのがこのゲームの醍醐味だとはおもうけどそれならそれでもっと別の武器で目指せばいいわけだ。
 勇者の剣(二回攻撃)とか出て一瞬でお蔵入りになってしまう。
 愛着が利便性にあっさりと負けてしまう。
 なら、愛着の方をいくらか補強してやる、工夫をしてやる必要があるのではないかと思うわけである。


 しかし例えば途中で加入するレヴィンとかは圧倒的に強い。
 でも強いから使うってのは当たり前だが、だからといって愛着が湧くとは限らない。
 むしろ強いから誰もが普通に使う、だからこそ愛着の芽生えが逆に阻まれているといっても過言ではない。
 使うのが当たり前のやつを使って何が面白いのかって話である(まあ使わないとクリアするのが難しいけど(笑))
 それは愛着ではない、単に強いから、快適だから、便利だから使うだけだって話でしかない。
 使えるから使う。
 使えないから使わない。
 それだけの話になってしまう。


 で、鉄の剣だが、これをいっそ全部とうぞくの剣にして敵を叩くごとに敵のポケットマネーが手に入る……というのはどうだろうか。
 威力は半分、重さは鉄の剣以上だがこれによって敵の軍資金が余すところなく手に入るというのは大きい。
 敵を叩いたら敵のお金が手にはいるとなれば、弱いけどちょっと前線でがんばらせてみようかな、という気分になること間違いなしである。
 そうなればレヴィンの陰に隠れてお蔵入りするユニットに日の目を見させてやることもできるんではないかと考えるわけだ。
 (これじゃあ騎士団のはずが単なる盗賊集団だと言えないこともないな……笑)



 ・アーダンはそれでも使われない。
 というより、足が遅くて移動できなくて使えないのだ。

20200203065828935.jpg

(目の白目部分が白く塗ってないのは、製作者がめんどくさかったのではとかいう話もある。製作段階からして愛情が足りてないことを感じさせられる(笑))

20200203065834008.jpg

 そもそも戦場にたどり着く前に戦いが終わってしまっている。戦いに参加できないということは成長もできない。使われない。レベルが上がらない。となるとせっかく出番がやってきた時には成長できていないことになる。弱いまま戦い、敵に攻撃されて死亡……となりかねない。

 20200203065847076.jpg
 ちなみにこれがソシアルナイト、最初から馬に乗ってるノイッシュである。いどうが8あるので戦場にはものすごい速さで辿り着けるわけだ(まあそうであっても活躍できるかどうかはまた別問題なわけだが)。

 ところがアーダンは5歩しか進めない。これではそもそも愛着が湧く以前の問題である。戦場にたどり着けない、たどり着いても成長してなくて弱くて死亡なんてのは。
 ということは何かいろいろ考える必要がある。 

 ①例えばソシアルナイトにして馬にのっけてやる。
 でもこれだと足の遅いアーダンが普通に足が速くなってしまう。これは確かに改善だとはいえるが、しかし同時に個性がなくなってしまうともいえる。これではなんか面白くない。

 ②レッグリングを装着させてやる。
 でもこのレッグリング、出てくるのが非常に遅い。
 序章、一章、二章ときて三章でようやく手に入るのだ。もうこの時点で出てくるのが遅いと言っていい。アーダンは戦場にたどり着けず、敵は強く、戦ったら瞬殺されてしまう危険性が大いにある。

 ③最初からそもそもアーダンだけを最前線に出して戦わせる。
 多分アーダンを普通に使いたい場合はこういう方法を使うことになる。 
 でも足の遅いアーダンを戦場にたどり着かせている時点で、クリア評価は捨てていると言っていい。
 つまりアーダンが日の目を見た時点で、評価は捨てることになる。
 即ちアーダンを取るか、評価を取るかになってしまう。
 まあこれが愛着だといえないこともないが、もっといい方法はないかと考えてしまう。


 ④アーダンに勇者の剣(二回攻撃)を持たせる。
 どんだけひいきしてるんだ!って感じだが、これでようやく普通な感じになる。
 それくらい遅い、弱い、使いにくい!のがアーダンである。
 ということでアーダンに関しては勇者の剣(二回攻撃)、レッグリング(移動力アップ)、シーフの腕輪(敵のポケットマネーをかっさらう)で完全武装してやって、ようやく一人前になると言ってもいいのではないかと。
 まあ普通に強いので、今度は個性がなくなってしまうかもしれない。



 ・シグルドについて
 前半の主人公である。
 最初からはがねの剣と鉄のやりを持っている。
 
20200203070158031.jpg

 しかしこれがまた微妙である。何が微妙かって、シグルド自体が非常に強いのでザクザク敵をなぎ倒せるのだが、そうして鍛えられた武器は最後まで活躍するかといえばそういうわけではない。
 特に子世代になってすぐに手に入る勇者の剣(二回攻撃)が強すぎるので、今まで育ててきた剣ややりは一体何だったんだということになりかねない。さらには神器であるティルフィングが手に入るとなれば、はがねの剣などあっても使われることがなくなる。じゃあ育てた武器を他のやつに譲ればいいのだが、その頃にはもっと優秀な武器が出ているためほかのやつも使わない、そうなると結局お蔵入りとなりかねない。
 そうなると、例えば斬鉄の剣やナイトキラー、または炎の剣などの間接攻撃が可能な武器だと勇者の剣がかすむことがないといえばない。用途によって住み分け使い分けしていく、そうした方向性があればもっと無駄なく愛着を持って武器を育てて子世代にセリスに渡すことができるというわけだ。
 まあそこまで至れり尽くせりだとかえって難易度が下がって面白みが減るかもしれない。
 このバランスが非常に難しい。



 ・アゼルについて

20200203070324712.jpg

 アゼルは最初ファイアーを持っているが、章が進むとサンダー、ウィンドとより良い物が店に売りだし始める。そうなるとせっかく育てたファイアーを使わなくなるなんてことが起きてくる。
 結局、中途半端に育てたファイアー、サンダー、ウィンドが手元に残るなんてことになる。この残念な感じは一体なんだろう。
 それなら最初からファイアー1本で育てた方がいい……んだけど、そうなるとファイアー自体が重いし弱いしなんで進むにつれてますます残念さ加減が募ることになってしまう。はて、これどうやって解消したもんかと思ったんだがこれ、最初から兄貴のファラフレイムもってきてくれれば万事解決である。

20200203070504755.jpg

 あのアゼルがまさかファラフレイムを使いこなすとは!
 もはや感動ものである。
 とはいえ神器は金が非常にかかるので別途アイテムを持たせるなり、何か金策を考える必要があるが、個人的にアゼルに神器はかなりアリだと思うわけである。
 思うに、もしもこうしてお兄ちゃんであるアルヴィスのファラフレイムを持ってきた場合はいくつかの可能性が考えられる。


 ①アゼルがそそっかしくておっちょこちょいでファイアーとファラフレイムを間違えて持ってきた場合

Fotor_158068476102151.jpg

 一応装備中とはなっているものの、使うことができない。能力値も上がってない。
 使えないファラフレイムを慌てて持ってきてしまい、一応駆け付けてみたはいいものの、何もできないという。
 
 お兄ちゃんが起こるのが伝わってくるかのようである。

20200203071448910.jpg


 ②アゼルが意図的にファイアーとファラフレイムを間違えて持ってきた場合
 ラスボス手前で出会うことになるこのアルヴィスだが凄まじく強い。そのアルヴィスが神器どころか最下級武器であるファイアーで戦うってわけだから、主人公たちは大助かりってわけだ。それは助かるには助かるんだけど、アゼルやることがひでえな……という印象が拭いきれない。


Fotor_15806843386160.jpg
 ↑これ、
「私に黙って勝手に行きやがって……」という意味合いにプラスして
「オレのファラフレイムを勝手に持ってったアゼルはここか……」というようなお兄ちゃんの軽い怒りを感じてしまう(笑)


 ・レックスについて
 親世代の斧使いはレックスのみである。しかもレックスは斧のみをつかいこなすユニットである。
 どう転んでも子世代に使い込んだ斧を引き継ぐことはできないのでこれまた非常に残念なんだが、レックスの場合は本当に残念すぎて仕方がない。いくら斧を鍛えたとしても、レックスの子以外のヤツが使うしかない。一応子世代のリーフなんかは使えるんだけども、レックスの子供じゃなくて父親はキュアン、母親はエスリンとなっていて一応固定である(一度リーフの父親を、キュアンを辞めてレックスにしてみたいような気もする……)。


 したがって、いくら神器スワンチカを持ってきてくれたとしても、誰も血が繋がってないので使えないってことになってしまう。
 なんとかできないかと思ったが、子どもの職を変えてしまうか(笑)、そもそもレックスの職を変えてしまうしかない(笑)まあそれができないのが問題なんだけども。
 最終的には斧問題は無視するしかないので、レックス個人にあるエリートのスキル、このスキルを誰に継がせるかという話になってしまう。まあこのスキルは優秀だしレックス自身の成長も優秀なので、斧にさえ目をつぶれば一応問題はないといえばない……。



 ・リングについて
 このゲーム、各種リングや腕輪によって能力が補強される。先に挙げたようなレッグリングで移動力を上げるなんてのはその一例である。
 でもそれが話を進めて敵を倒さないと手に入らないのが問題である。
 そこで、全リングを最初から店で売ってるような状態にしてみてはどうだろう。
 盗賊の剣で敵を殴って金をむしり取る話を先に出したが、これと組み合わせて集めたお金で自分を補強できるような仕組みを作るのだ。
 頑張りしだいでは、リングじゃらじゃら言わせて補強しまくることも夢ではない。


 ただし、値切りの腕輪はあまりに効果が強すぎるのでオススメできない。あれは店でのやり取りを全て半額に値切れるという凄まじいアイテムだが、その分ゲームバランスを見事に破壊するので話を進めてる最中に手に入る一個だけで十分である。敵と戦えないシスターとかに(つまりエーディン)持たせるといいのではないだろうか。
 シーフの腕輪で、どんな武器で、というより強い武器で敵を殴っても金が手に入る……というのはぎりぎりセーフだと思う。これは子世代のしかもかなり後半でないと手に入らないので、序盤でさっさと手に入るくらいでいいんじゃないか。



 ・ミデェールについて
 ミデェールは、後々勇者の弓(二回攻撃)が手に入ると元々馬に乗っていて機動力もあるのに攻撃力も強いというユニットになる……のだが、そこまでが大変。
 鉄の弓が弱いうえに個性もなく、そのうちもっといい上位の武器が手に入るのだから、鉄の弓を鍛えるのは微妙。かといって使わなければミデェールは弱いままだから使わざるを得ないのだけどもったいない。
 じゃあ最初から強い武器が使えたらいいじゃないかとなりそうだけど、そうなると後々手に入る勇者の弓の存在意義とありがたみが薄れてしまう。そういう意味で非常に改善しにくい手を入れにくいユニットだと言える。
 はがねの弓くらいだったらスペアとしては非常にいい気もするが、鉄の弓ではスペアにはちょっと物足りないかなと。




 ・フィンについて
 筆者がこのゲームで一番好きなのはフィンである。親世代子世代通して唯一戦い続けるってのがいい。主君の死に目に会えないってのも、それでも残された王子を守り続けていくというのも非常にいいと思う。
 途中で抜けるのが残念ではあるけど。
 勇者の槍が手に入るとすさまじく強いんだけど、そうなっても最初に持ってる鉄の槍がスペアとして使えるってのもいい。
 このゲームを考えるときにフィンを中心に考えている、というくらい感情移入しているなあ。
 フィンについては特にいいんじゃないかと。
 敵の神器であるグングニルを使えたりしたらそれはそれでおもしろいような気もするが、主君にもらった勇者の槍を後生大切に持ち続けるってのがフィンらしい気がするし。
 主君にもらった槍をあっさり子どもに譲る(中古屋に売り出されてることもある)ってのは納得いかないけど(笑)
 後半やや存在感が薄いなあ。やっぱりフィンも実は何か神器を扱える……方がいいのかも。
 ある日主君の槍(ゲイボルグ)が急に届いて、よくわからんけど大切にしてたらある日急に使えるようになってたとか……(笑)
 使えるけどダメージ50%……とかだったら喜んで主君のゲイボルグを剥いでフィンに装備させるんだけどなあ(笑)



 ・キュアンについて
 実はあまり好きではない……
 敵に対して「このハイエナめ!」とかいうあたりがどうかなと。
 敵側でボスとして出てきて同じセリフを吐いても違和感がないという印象。ある意味、肥大した正義感のオバケって感じがする。



 ・エスリンについて
 どうも使いにくくて好きではない。
 細身の剣も元々の非力さが加わって、敵を倒せなかったりことが多々あるし。



 ・敵専用の神器は合計して5つある。

 グングニル(やり)
 スワンチカ(斧)
 トールハンマー(雷魔法)
 ファラフレイム(炎魔法)
 ロプトウス(闇魔法)
 この5つ。


 なんかもっとこう、敵と味方で神器が入り乱れてもいいんじゃないかなと(笑)
 セリスの実の妹であるユリアがラスボスになって、ナーガを駆使して襲ってくるとか。
 ロプトウスを奪ったかと思ったら奪い返されたりとか。
 ロプトウスを使える闇キャラがいるとか。
 一応誰でも神器使えるけど、特殊効果そのままでダメージ半分にするとか。
 多分ニコ動とかでいろいろ上げてる人はいると思うんだけど、使い方次第でもっと話の幅が広がるような気がするんだよなあ。
 アゼルとか、とうとうファラフレイムを使うことが一回もない、なんてのは非常にもったいない気がするんだよなあ。まあとは言ってもファラ傍系なので、直系ではないので最初から使えないようになっているんだが……。
 できれば親世代のレヴィンのフォルセティ、アゼルのファラフレイム、アーダンのロプトウス(仮)を子世代に引き継がせたい。夢があって非常におもしろいと思う。だから普通ならフォルセティをセティか、アーサーか、コープルかと迷うことになるんだが、この場合だと3人が果たしてどれを持つかという選択肢の広がりがあるわけだ。
 ただ、そうなると敵もそれなりに強化しないといけなくなるわけだが。





この記事へのコメント


パソコンランキング