打草驚蛇(三十六計13、攻戦①)






 打草驚蛇(だそうきょうだ)……「草を打ちて蛇を驚かす」
 →意味①……敵の行動がよく分からないときは軽率な行動をとらず十分に探ってから行動する。
    ②……不用意な行動によって敵に行動を知られ、予防されてしまう。
    ③……ある人を懲戒して別の人に警告する。
 
 ③はもうそのままストレートに「草を打って蛇を驚かしているな」というのが見て取れます。遅刻常習犯を怒って、ギリギリの人たち全員にちょっと気を引き締めさせるみたいな。狙いは「その他大勢」にあるわけですから、怒られる方は「いい面の皮」とでもいいましょうか。そういう感じですかね。
 ②は、③の延長上という感じもします。「怒ったら、狙い通りみんな気が引き締まった」といえばプラスな印象ですが、この②はちょっと裏目に出たようなニュアンスがあるような気がしますね。蛇足というか。余計な事したら敵にプラスしてしまったみたいな感じですかね。あんまり厳しく怒り過ぎてクラス全員が次の日からみんな遅刻するようになったかのような(笑)
 ①は……遅刻を怒る前に「待てよ……いつも遅刻するがこいつ何か事情があるんだろうか」と察するみたいな感じですかね(笑)



 「藪蛇(ヤブヘビ)」とか言いますが、これの元の「藪を叩いて蛇を出す」は、「余計なことをして自分に悪い結果を招くこと」、これにある「失敗した」とか「あちゃー」という感じは②が非常に近いかなと思います。



 ・解説……疑念がある時は実態を明らかにする。十分に察したのちに行動に移る。繰り返し調べることは隠れた物事を明らかにするための手段である。




 ③といえば、「泣いて馬謖(ばしょく)を切る」って故事がありましたね。馬謖は街亭の戦いで、諸葛亮の命令に背き山の上に陣取ります。司馬懿は包囲して火攻めをし、水を断ち、馬謖軍を徹底的に打ち破ります。
 まだ若いし、諸葛亮にも評価され先を望まれた優秀な若者でしたが、馬謖は諸葛亮の命令で処刑されます。未来がある、才能があるからと斬らなかったら軍が成り立たない。全軍にそうした範を示すために馬謖は処刑されると(他にもいろいろな異説がありますので調べてみてください(笑))。
 まあ実際人材難の蜀(しょく)で有能な馬謖を切るということはどうなんだろうと思わなくもないですが。




 ②は「藪蛇」とか「蛇足」とかで示しましたので割愛(それにしてもやたら蛇の話多いですね)。



 で、一応①がメインの意味合いということです。まずしっかりと事前に下調べしてから行動すると。よくわからないときは不用意に動かない。わかったら決して時を逃さず、迅速に行動に移す。そのあまりに迅速な行動によって、蛇を驚かす。そういうのがあるのかなと思います。
 三国時代、上庸(じょうよう)という城に孟達(もうたつ)という将軍がいました。もともと蜀にいましたが、成り行きで裏切らざるを得なくなり、魏に降参します。でも蜀からの降将ということで白い目で見られるため、面白くない。そこでまた蜀に戻ろうと諸葛亮に相談します。
 諸葛亮としても、上庸を足掛かりとして魏に北伐できるようになる。なかなか悪い話ではないのでOK出します。


 で、司馬懿のところに「どうも孟達が寝返るらしい」と話が来ます。では寝返る前に鎮圧しようとなりますが、出陣するには当時の魏の皇帝である曹叡(そうえい)の許可がいります。そんなのをいちいち取っていたら、孟達は完全に寝返ってしまうわと司馬懿は直接孟達のところに出陣し、許可は後でもらうことにします。
 孟達の方では「魏では出陣に皇帝の許可がいるから、そう簡単に来ませんよ」と諸葛亮に手紙を送っているのですが、諸葛亮は「あの司馬懿がそんな時間を待ってくれるような男か」と思ってます。



 孟達がのんびりしていると「司馬懿が現れました」と報告が入ります。まだまだ時間がかかると思っていただけに、孟達はすっかり驚いてとりあえず戦いますが、討ち死にします。


 そういうわけで、①は「分からないうちは不用意に動かない。十分にわかったら動き始める」という意味だと思いますが、そこに「分かったら敵の予想を上回る速度で実行し、対処する」というのもあるのかなと。敵のこれくらいだろうという予測を大きく外す。
 「動かざること山の如し」も大切ですが、「疾きこと風の如し」も大切ではないかと思い書いてみました。
 →教訓:一度決まったら相手をビビらすくらいの速さで物事を実行する。



 司馬懿が強行軍でも負けない兵の運用の達者な者であるということ、それから怒られるかなと事後報告したら、皇帝に褒められたということも付記しておきます。
 現実は「あいつは許可も得ず兵を動かしました」と訴えられ、誉められるどころか刑罰をくらう、なんてことは日常茶飯事でしょうから。



 ・「勝戦」は余裕で勝てる戦をいかに勝つか。「敵戦」は自分と同じくらいの相手にどのようにして勝つかという話でしたが。
 「攻戦」は進行中に勝ちを取るための計謀、ということなのでそれも併せて膨らませていければと思っております。



この記事へのコメント

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

人気ブログランキング