借刀殺人(三十六計3、勝戦③)






 借刀殺人(しゃくとうさつじん)……「刀を借りて人を殺す」
 →文字通りの意味:「自ら手を下さず第三者に攻撃させる」


 「春秋末期。斉の簡公は魯を打とうとした。
 小国である魯の子貢(しこう、孔子の弟子)は斉へ行き、斉の大夫である田常(でんじょう)に魯など落としても大した功績にはなりませんから、魯の向こうにある大国呉を攻めた方がよろしいのではと勧めた。そして次に呉へ行き、斉を攻撃することを進言する。いや、今呉は越と戦争中だからと渋るが、それならば越に斉への討伐軍に参加するように勧めますよと言い呉の挙兵を約束させる。そして晋に行き、今斉と呉が戦争しようとしているが、もし斉が勝ったらその勢いでここへもくるかもしれないと警告をする。
 そして呉と斉は戦争になり、呉は斉に敗れ、越は呉に攻め込み呉を滅亡させる。そして斉はその勢いで晋に攻め入るが、待ち構えていた晋が斉を大いに破った。
 こうして子貢は危機の迫っていた魯を存続させ、隣国であった呉を滅亡させ越を覇者とし、斉を弱らせ晋を強くすることに成功したのである」

 ・解説……敵が戦闘を開始しようとしているのにこちらの方針がいまだに定まっていないのであれば、友軍に敵を攻撃してもらって自分は力を発揮しない。これは『周易』の損卦の原理を応用したものである。
 (解説の解説……損とは『周易』の「下を損して上を益す(しもをそんしてかみをます)」を指している。意味は、下である者が損して上である者が得するようにするというもの。ここではそれの応用となるものであり「損を転じて益とする」ということ。自分が軍を動かしていたら領土拡大できていたかもしれないものをそうしないことは一見損なようだが、特に恨みも買わず他の国同士がそれぞれ憎み合い、それによって安全を確保できるという意味での益があるというもの)




 これ漠然と「漁夫の利」がイメージに近いかなーと思ってましたが、シギとハマグリがお互いにくちばしを挟み合って譲り合わないうちに漁師に取られてしまうって話なわけだから、ちょっと違うかなと。子貢は魯には特になにかしているわけではないと。これで火事場泥棒的に魯が弱体化した呉や斉の領土を掠め取ったという話ならそれっぽいですが、そういう話ではない。まあ一応危機を脱したとか安全を得た、それが利益だとも言えなくもないわけですが。
 しかも掠め取ったらその領土の持ち主に恨まれかねないし、その領土を手にするはずだった者にも恨まれかねない。それは一見得なようで非常に危ういとも言える。敵を二重に作りかねないわけだから。まああまり賢明だとは言えないかなと。
 


 じゃあ次に駆虎呑狼の計(くこどんろうのけい)がこれに近いのかなと。これは虎を豹に向かわせ、その隙に狼に虎の巣を襲わせるというものです。三国時代の少し前に、劉備に対して曹操が用いた計ですね。
 劉備に皇帝からの命令として袁術征伐をさせる。袁術と劉備が消耗する、その隙に劉備の本拠地である徐州に呂布を襲わせるという計略ですね。曹操はこれによって三勢力を争わせて弱体化と仲違いをさせ、後は各個撃破と考えていましたが裏切られた劉備は呂布のもとへ戻り、劉備と呂布はなんと仲違いをしなかった。結果的には徐州にいた劉備が小沛へ移り、小沛にいた呂布が徐州へ移っただけとも見られるもので。
 要するに仲違いをしたら曹操の思う壺だと思って屈辱を耐え忍んだ劉備、そして「戟に矢を当てて」袁術と劉備とを調停した呂布など、いかにも伝説と言うか、果たしてどこまで事実なんだろうかというほど神話チックにまとめられることの多い下りですが、そうした下りを外したとしたらよくもまあ丸く収まったよなあと思わされる話ですね。
 子貢が、まるで劉備と袁術とが戦うように斉と呉とを戦わせる……
 その隙に呂布ならぬ越と晋とが表れて、斉と呉をそれぞれ弱体化させる。魯は何もしていないけれどそれによって四国を戦わせ特に隣国の大幅な弱体化に成功する。曹操なら領土を掠め取っていたかも知れませんが、それをしていないらしいところがこの魯らしさなのかなと。




 これが「勝戦」にあるということは、これによって敵同士を巧みに戦わせ敵勢力を減らすこと、憎しみ合わせることは巡り巡って自分(自軍)が有利になるという意味での「勝ち」に繋がる、そうした認識があるのかもしれませんね。
 そりゃまあ巧いけど、こうした仕組みを知ってしまえば「張本人」というのが自ずと浮かんできそうな話ですね(笑)バラしてる意味ではあまりうまくないような気もしないではないですが(笑)
 でもまあこうしなければそもそも我々は張本人を知ることもなく、ただ四国が意味不明に争い合ってたよなあとしか記憶に残らないんだとしたら、まあまったく恐ろしい話ですよねえ。



この記事へのコメント

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

人気ブログランキング